代表高亜希ノート

2022年度のアニュアルレポートが完成しました!!

ノーベルの2022年度のアニュアルレポートが完成しました!!

私たちノーベルが2022年度どんなことをしたのかがわかるレポートとなっています。

またまたやってきた立ちはだかる壁

コロナ禍以降、事業への影響度は年々増すばかりで、2022年度はさらに追い打ちをかけるように様々なことが起こりました。特に、感染症のトレンドが大きく変化し、過去のデータが全く活かすことができなくなったのです。創業以来、保育依頼件数が一番多かった年で、問い合わせや利用希望は多いけれど、入会を制限せざるを得なくなりました。

必要な人に訪問型病児保育を届けられないもどかしさがありました。

病児保育のグラフ

でも、ようやく、1つの出口が見え始めました。コロナウイルス感染症の第5類への移行が発表されたからです。2023年5月にコロナが第5類に移行してからも、いまだ後遺症のように影響を受けている面もありますが、前に進むことができていると思っています。

2022年度も様々な支援をいただきありがとうございました!!

主要事業が厳しい中でもコロナ禍を経て、働く親御さんや保育の担い手の働きかたやニーズの変化に向き合うため、各種調査の実施や、訪問保育者のための学びのコンテンツ検討、つながりの場の実践など、新しい取り組みも進めました。

こうした様々な取り組みの中でも特に、13年間の訪問保育のノウハウ体系化したパターン・ランゲージは、いよいよ本として出版できるまでになってきました。

※パターン・ランゲージについてはこちらも合わせてご覧ください

#7 世界で唯一のパターン・ランゲージカンパニーとの出会い

クラスタリングの様子2

今年、良いお知らせができると思っていますので、楽しみにしていてください!

このような取り組みができたのも、ご支援をいただける企業や応援してくださっている方々がいるおかげです。

本当にありがとうございました!!

 

▼2022年度ノーベル活動報告書

 

2022年度、お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

そして2023年度も、ともにどうぞよろしくお願いいたします。

TAG

この記事をシェアする

この記事をシェアする
  • LINEで送る
この記事をシェアする
両立をつくりなおすメールマガジンに登録

RELATED POSTS

ノーベルが描く未来と今
2024.03.29

代表高亜希ノート

#23 働くスタッフがイキイキしてこそ目指す未来を実現できる!
ノーベルが描く未来と今
2024.03.04

代表高亜希ノート

#22 世の中に必要な子育て支援とは。現場に入ることで気づく1家庭ずつの多様なニーズ
2030ビジョン提言
2024.02.02

2030ビジョン提言代表高亜希ノート

#21 「子育て家族のまるごとサポート」始まりました!