2030年に描くのは、子どもを産んでもフツーに両立できる社会。

子育て中に困ったことが起きても、たすけてくれる人がいて、解決できる選択肢が身近にある。
それにたすけられた人が、次は応援する側や、支える側にまわり、たすけあいをつないでいく。
親しいつながりがいっぱい交差する社会。
それは、一人で抱え込むすきがないくらい、あつくるしくって、安心して、子どもを育てていける社会。

about us
母親がしんどくなるばかりの両立を無くし、
つくりなおすノーベルに変わります。

「両立を、みんなでつくりなおそう。」

いつでも産める。
子どもを預ける理解と選択肢がある。
納得して働けて、明日もがんばろうって思える。

そんなフツーに働ける両立が、
この国の新しいフツーになるように。

Action
ノーベルの活動

保育事業(訪問型病児保育・施設型一時保育)を主軸に、
働く親御さんの仕事と子育ての両立をサポートしています。

あなたの経験を活かす
ともに働く

働く親御さんをサポート
保育を利用する

1日35円 からできる支援
寄付で支援する