所得控除の場合


寄付金合計 - 2000円 = 寄付金控除額

※寄付金合計の上限は、所得額の40%です。 ※所得税率は課税所得により異なります。

税額控除の場合


下記の計算式による金額が所得税額から控除されます。

( 寄付金合計 - 2000円 ) × 40%=税額控除額

例えば

ぺんぎん団員(毎月1,000円継続寄付)に加入した場合、

(12,000円 - 2,000円)× 40%=4,000円

最大4,000円が控除されます。

※寄付金合計の上限は、所得額の40%です。 ※税控除の対象となる寄付額は、所得税額の25%が上限です。
※多くの場合、税額控除を選択されると所得税額が少なくなり有利となります。一方、所得税率の高い方は、所得控除を選ばれると還付額が大きくなる場合もあります。確定申告の際には最寄りの税務署にご相談ください。

領収書の発行とその流れについて

寄付金控除など、税制優遇措置を受けるためには、
ノーベルが発行する領収書を提出して確定申告をする必要があります。

領収書の発行
領収書は原則、年1回の発行となります。
毎年12月末〆、翌年1月末~2月上旬に郵送にてお送りします。
領収書の都度送付を希望をご希望の方
ノーベルまでお申し出ください。対応いたします。
領収書の名義
領収書の宛名は、ご寄付の際にお知らせいただいたお名前でお送りします。
連名・匿名の領収書
連名・匿名での領収書は発行できません。
宛名となる代表者さまのお名前をご提示ください。

<STEP 1>
控除の対象となる寄付金

2014年4月24日からノーベルは仮認定NPO法人でしたので、2014年4月24日以降にノーベルへ入金されたものが対象となります。

<STEP 2>
領収書の発行

ノーベルへ入金された日をもって、領収書を発行いたします。「寄付団員」などクレジットカードによるご寄付については、クレジットカードのご利用日ではなく、ノーベルに入金された日が領収日となります。
例:2014年3月中に利用した分は5月末にノーベルへの入金となる為、領収日は5月末日となります。

<STEP 3>
源泉徴収票を入手

寄付金控除は「年末調整」では受けられません。確定申告が必要です。会社員の方は、勤務先より「源泉徴収票」を取得してください。

<STEP 4>
確定申告書を作成・提出

申告用紙を税務署で入手するか、国税庁ウェブサイトで作成します。この申告書には「源泉徴収票」「領収書」を添付し、お住いの所轄税務署に提出します。2月中旬から3月中旬が受付期間です。

<STEP 5>
還付金の振込み

申告内容に問題がなければ、4月頃に国税還付金が指定の口座に振り込まれます。