• ホーム
  • ブログ
  • 活動報告|Youth Theatre Japan「Happy Halloween Party 2019」レポ

活動報告|Youth Theatre Japan「Happy Halloween Party 2019」レポ

こんにちは!ノーベル事務局 村国です。

少し前の話になるのですが、2019年10月26日(土)に開催された、Youth Theatre Japan(ユースシアタージャパン)様主催の「Happy Halloween Party 2019」に参加させていただきましたので、ご報告させていただきます!


※上記バナー画像はYTJ様の公式WEBサイトよりお借りしました。

 

Youth Theatre Japan(YTJ)様のご紹介

ご存知の方も多いかと思いますが、Youth Theatre Japan(ユースシアタージャパン、YTJ)様は、幼稚園~小学生のキッズメンバーから中高生などの若者が多数集まり、ミュージカルやコンサートなどの多数の公演を通じて、社会的に有意義な活動を実施している団体(劇団)です。

特に英語のコンテンツを通じて世界に発信していくことに力を入れておられ、海外公演なども含め、英語でのパフォーマンスも多数実施されています。

 

「Happy Halloween Party」とは

そしてこのハロウィンパーティーは、「ドネーション文化を日本に定着させるために」と、YTJ様が毎年開催されている盛大なチャリティーイベントです!
本格的なハロウィン仮装に身を包んだ団員のみなさまが、歌やダンスなどのステージパフォーマンスを披露され、それを見に来られた観客の方々の入場料がご寄付となる、という仕組みとなっています。

私たちノーベルは有難いことにその寄付先団体として選定いただき、このたび参加させていただくこととなりました!

 

パーティー当日の様子

私は初めての参加ということで、ドキドキしながらパーティー会場の梅田Blockへ。
スタッフの方も団員の方もみな、驚くほど本格的な仮装でびっくり!
それぞれ工夫や趣向が凝らされていて、色とりどりでかわいくて楽しくて・・・思わず見惚れてしまいました!

ステージパフォーマンスは、流暢な英語でのスピーチや、英語の歌やダンスなど、どれも華々しくてカッコよくて・・・素晴らしかったです!

特に私が感心したのは、小さな子どもたちでもすごくしっかりとしていて、統制が取れていること!
リハーサル時に「ハイ!!」という声が大きくてキレイに揃っていたのにまず驚き、ステージ脇で待っている時もしっかり整列し、私たち外部の者にも礼儀正しく挨拶してくださり・・・

うちも小さな子どもがいるのですが、「し、信じられない・・・どうやったらこんなふうにしっかりするの??」と、本当にびっくり&感心しました。

日々のレッスンの中で、整列・静かにする・待機するなどの、ステージパフォーマンス以外のことも丁寧に学ばれているのだなと感じました!

パーティーの冒頭には少しお時間をいただき、ノーベルのご紹介や病児保育、寄付についてなどお話をさせていただきました。

スピーチは僭越ながら私・村国が担当させていただいたのですが、人前で話すなんてほとんど経験がなかったため、ものすごく緊張・・・!
でも、そんな私の話を、ステージ上の団員のみなさまも観客席のみなさまも、温かいまなざしでしっかりと耳を傾けてくださいました。
特に、小さな子どもたちがまっすぐな瞳で、うなずきながら見つめてくれたのが印象的でした・・・!

 

たくさんのご寄付・ご支援に感謝!

ハロウィンパーティーはすごい熱気で盛り上がり、大成功に終わりましたね!
今回のパーティーのご寄付として、Youth Theatre Japan様より 291,093円のご寄付をいただきました。本当にありがとうございます!!

ご寄付につきましては、ひとり親家庭・スペシャルニース家庭に病児保育を届けるためのプロジェクト「ドノ親子ニモ応援団」の活動費(月会費・研修費など)に大切に使わせていただきます。
パーティーの運営に携わられた先生方、団員のみなさま、会場にお越しいただいたご家族や参加者のみなさまのご協力とご支援に、心より感謝申し上げます。

今回、初参加の私でしたが、パフォーマンスを通じてHappyを生み出し社会貢献に繋げる、というYTJ様の取り組みに心から感心するとともに、そのような素敵な場に参加させていただけたこと、子どもたちのキラキラしたエネルギーに触れさせていただけたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

このような素晴らしい機会をくださり、本当にありがとうございました!
Youth Theatre Japan様の今後益々のご活躍を、心からお祈りいたしております。

 

「ドノ親子ニモ応援団」とは?

ドノ親子ニモ応援団

経済的な困難を抱える「ひとりおかんっ子家庭」、お預かりに専門性が必要となる「スペシャルニーズっ子家庭」を対象に、 皆さまからのご寄付を財源に、病児保育サポートを届けるプロジェクトです。