【重要】ノーベルの著作物の利用について

       

皆さま、こんにちは。広報スタッフ吉田です。

先日、ノーベルがサービス展開するエリア内の病児保育室のWEBサイトにおいて、
ノーベルの著作物である下記の写真データを無断で多数使用し、
約1か月半に及ぶ期間、掲載されていたことが発覚しました。

Gutz111103_0224step05step06step04step07

過去も同業他社様のWebサイトで、ノーベルWebサイトのテキストが
そのまま使用されているケースも見てきましたが、
今回の写真の無断使用については、明らかに著作権を侵害しており、
直ちに顧問弁護士から、その旨を通知し、
写真の即時削除を求めさせていただきました。

ノーベルの病児保育を象徴する写真が使用されており、
利用検討中の方へも混乱させる内容となっていたかと存じますが、
この病児保育室とノーベルは提携関係もございません。

関西で初となる、共済型病児保育を2010年に立ち上げ、
利用検討されるご家庭に、少しでもわかりやすく、不安を安心に変えられるような
情報を提供していきたいと、設立当初より、WEBサイトやその他印刷物の制作には
力を注いでまいりました。

私どもとしても今後、画像に法人名のクレジットを入れる等の対応を検討しておりますが、
弊団体Webサイトや印刷物において、著作権フリーのコンテンツはございませんので、
改めて、写真やイラスト、テキストなどの無断使用・転載は固くお断りいたします。

今後、同様の著作権侵害があった場合は、しかるべき措置をとらせていただきますので、ご承知おきください。

日々、子どもの命を預かり、子育て世帯をサポートする同業他社さんが
著作権を侵し、見ず知らずの子どもたちの写真を無断でWEBに並べているということが
私たちも本当にショックでなりませんでした。(もちろん子ども以外の著作物もですが)

子育て支援・福祉に携わる事業者として、私どもも改めて気を引き締め、
コンプライアンスに努めてまいりたいと思います。

一方で、ノーベルのような民間病児保育サポートや病児保育問題を知らない方々へ、
認知を広めていく活動はノーベルも注力しています。

個人ブログをはじめとした各種メディアで、ノーベル等をご紹介いただく際に、
著作物を使用されたい場合は、随時、広報担当までご連絡ください。
できる範囲でご協力したいと思っております。

皆さまのご理解をどうぞよろしくお願いいたします。