育休復帰者向け「子どもの病気対策セミナー」開催のお知らせ

       

2月1日(土)12時半~開催の「子どもの病気対策セミナー」ですが
託児人数が定員に達しました。

「託児なし(お子さま同伴なし)」でご了承いただける方は
お申込み可能です。 

お申込みはこちら→http://bit.ly/1cu25bZ

——————————————-

皆さん、こんにちは。スタッフ吉田です。

本日はノーベルの新しいチャレンジのお知らせです!

来年1月、育休復帰予定の方々を対象に、
「子どもの病気の乗りきり方」を伝授するセミナーを開催します!

保育所に子どもを預けて働いているご家庭の大きな悩みの種が「子どもの病気」。

しかも保育所に入ったとたん、子どもは次々と病気に感染し、仕事がしたくても、
保育園に行けない我が子の看病で欠勤がつづく・・・

そんな状況が、育休復帰者の皆さんに例外なく訪れます。

ここで事前に準備をしていた方と、何の準備もせず復帰を迎えた方とでは、
その大変度合いに雲泥の差が!!

セミナーでは、第1子復帰時になーんの準備もせず復帰して大失敗した私が
その失敗談を余すことなくお伝えできると思います(笑)
私の話はさておき・・・・

セミナーでは、昨年、100名以上の先輩ワーキングマザーの声を集めて制作した
子どもの病気の乗りきりノウハウぎっしりの小冊子「働く!!おかん図鑑」や
11月に新たなアンケートで集まったエピソードをもとに、下記のようなお話しをします。
また、最後はワークショップ形式で、ご自身の家庭の乗り切り方も考えてもらう時間も持ちます。
———————————-
● 先輩ワーキングマザーが困ってきたことってどんなこと?
● 先輩ワーキングマザーたちの乗りきり事例
● 予防が第一 家庭内感染予防の実践ノウハウ
● 病児保育の現状~活用法、自分に合った預け先の選び方
● 我が家の乗りきりシミュレーション
———————————–

「復帰後の両立生活のイメージがなかなか持てません…」
「先輩WMに”子どもはすぐ熱出す”とは聞いてるけど、 どんな風にみんながやりくりしてるのか分からない…」

という方々に、

「なんとなく復帰後の生活イメージが湧いてきたかも」
「我が家はこうやって”子どもの病気”を乗り切っていこうかな」
「復帰前にこれ準備しとかなきゃ」

そんな状態で帰っていただけるような場にしたいと思います。

ぜひ周囲の育休ママ同士、お誘い合わせのうえ、ご参加頂ければ嬉しいです。

 

【開催概要】
————————————-
保活だけでは乗りきれない!?
育休復帰後すぐに役立つ 子どもの病気対策セミナー
————————————-
■ 日時
2014年2月1日(土) 12時半-14時

■ 場所
ノーベル事務所 大阪市中央区内本町2-4-12 中央内本町ビルディング701
MAP>https://nponobel.jp/about/organization-2/#map

■ 参加費
500円/人 「働く!!おかん図鑑」1冊とお茶代含む

■ 託児
お子さま連れでセミナーにご参加いただけます。
おもちゃや遊ぶスペース、見守る保育スタッフは複数名配置予定です

■ 定員
5~10組(アットホームな雰囲気になるようこじんまりします)
※ 定員になり次第、締め切らせていただきますが、
希望者多数の場合は、開催日程を増やす予定です。

■ お申し込み方法
下記URLから必要事項をご記入の上、送信してください。

▼お申込みフォーム
http://bit.ly/1cu25bZ

 

周囲に育休中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をシェアいただければと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

▼ ノーベルの病児保育とは
https://nponobel.jp/service/overview_service/

▼ 入会をご検討中の方は説明会へご参加ください
https://nponobel.jp/service/orientation/

▼ 週1からOK!病児保育スタッフ絶賛募集中です
https://nponobel.jp/about/recruit_staff/

▼ 吹田市・東大阪市西部に提供エリア拡大決定!詳細はこちら
https://nponobel.jp/service/area/

▼ その他ノーベルのサービスご提供エリアはこちら
大阪市中央区・西区・北区・城東区・天王寺区・福島区
旭区・生野区・此花区・住吉区・東住吉区・平野区・都島区
淀川区・港区・鶴見区・浪速区・東成区・東淀川区・西淀川区
西成区・住之江区・大正区・阿倍野区

ちょっとしたご質問でもご相談でも承っております。
ぜひご遠慮なくお申し付け下さいませ。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■