【育休復帰特集】vol.07 保育園が決まる前に「やることリスト」を作ろう

       

こんにちは!ノーベル事務局です。
1月といえば、もうまもなく保育園入園の結果が来る頃ですね。
復帰後の生活はイメージできているでしょうか。まだの方もそろそろはじめておいた方がよい時期ですね。
今回は、娘3人の母であり、正社員時短ワーママを10数年経験した私が(はるか昔の記憶をたどりながら、笑)育休復帰準備をガイドいたします!

 

 《CONTENTS》
 ◆1.育休復帰を考える時に不安だったこと
 ◆2.育休復帰までのやることリストを書き出そう
 ◆3.リストを作るうえで大事にしたいポイント3つ
 ◆ノーベルの「訪問型病児保育」は働く親御さんの頼れる味方
 ◆ノーベルの病児保育8つのポイント

 

1.育休復帰を考える時に不安だったこと

私も一人目の育休復帰準備のこの時期は、まだ漠然と期待と不安が入り混じる…という日々でした。

職場復帰したら、好きな服を着て♪ 電車乗って♪ 毎日ゆっくりランチするぞ♪ という期待。

保育園に無事入れるだろうか、入れたとしてもどの保育園になるのか、保育園に早く慣れてくれるか、という不安。
今でも子育てに毎日手一杯なのに、仕事しながら本当に両立できるのか、という不安。
朝はどうやって送り、帰ってきてからの食事、お風呂はどうやろうか、という不安。
夫は今は家事負担はほぼゼロ。私が復帰したら分担してくれるか、という不安。
ちゃんと社会復帰して、仕事についていけるのか、という不安。
(あれ?不安の方が圧倒的に多い!!)

 

幸い、第1希望の保育園が併設していた「赤ちゃん広場」で知り合ったママと、いろいろ相談しあっていました。(このママ友とは今でも”働く母”として相談しあえる一生の友です!)

特に、家事育児と仕事の両立を自分が本当にできるのか、という点はとても不安でした。
実家も遠かったので、日々祖父母に手伝ってもらうことも期待できず、「どうやって自分でやるか?」でした。

もちろん、すべてを完璧に復帰前に準備することはできませんし、完璧にしようと気負わなくていいと思います。
復帰後、日々やりながら!
職場の先輩ワーママからもたくさんアドバイスをもらいながら、試行錯誤の日々でした。

家事の効率化を模索したり、自分なりの優先順位を決めたり。
マインドを切り替えたり、パパを巻き込んでいったり・・・。

 

2.育休復帰までのやることリストを書き出そう

 

今のうちにやっておくこと。
モヤモヤした頭を整理するためにも、「育休復帰準備やることリスト」を作成してみませんか。

一般的に必要といわれている項目に私なりに追加をしてみました。

 

※表の「前・中・後」は、おすすめの開始時期。情報集めは前期、家事効率化は中期、保育園や仕事の準備は後期、としています。

>>印刷用のPDFダウンロードはこちら

 

いかがでしょうか?
これを参考に、一度ご自分でもリストを作成してみるといいですね。
この年末に夫婦で一緒に色々とシュミレーションしてみた、という方もいらっしゃると思います。
ぜひパートナーとじっくり話し合って、ご家庭にあった両立スタイルをつくっていってくださいね。

私がいちばん迷ったのは、「保育園以外の預け先」でした。
急な残業はどうする?基本的に保育園の送迎は時短をとっている私でしたし、祖父母に頼むこともできないし、、、。
地域のファミサポの説明会にはいきましたが、登録までのステップにはいけませんでした。
第一子は人見知りがひどくて、説明会中にお願いした託児サービスでもずーっと泣き続け、他の人に預けることが不安になってしまい、登録しても利用しないのではないかと思いあきらめました。

それから、復帰後にかなり苦労したのが
「子どもの病気対策」です。復帰前にはなにも対策をしていませんでした。

「毎月、なにかしらの病気にかかる!」
第1子は特に大人に囲まれた落ち着いた環境で育っているせいか、保育園に通い始めたとたん、「胃腸炎」やら「アデノウイルス」やら色々ともらってきました。

とにかく復帰後1年は、しょっちゅう呼び出し。その後1,2日仕事を休むのは覚悟しなければなりませんでした。
本当に職場に迷惑をかけ、肩身の狭い思いをしました…。

今思えば、もっと病児保育や預け先について、真剣に検討しておけば良かったと思います。
祖父母を頼れる場合でも、赤ちゃんを長時間預かることにはお互い慣れていない場合が多いでしょうから、前もって少しずつ慣れてもらうようにしていったほうが良いと思います。

 

3.リストを作るうえで大事にしたいポイント3つ

最後に、やることリストを作る上で大事にしたいポイントを3つ、ご紹介します。

①抱え込まない、家族を巻き込む
書き出してみるとわかりますが、やることはけっこう膨大です。
全部自分でやろうとしないことが一番のポイントです!

平日の昼間にひとりでこれをやると、だんだん悶々としてきてしまいます。
そんな時は、パパには根気よく相談していきましょう。
ほおっておいても母親の負担は大きくなりがち。
自分の負担をなるべく軽くできるように心がけて…!
育休復帰にはとにかくパパや周囲の協力が不可欠。準備の段階からどんどん巻き込んでいきましょう!

②全てのタスクに期限を決める
私自身がそうなのですが、期限を決めないと、やりません。
そして、期限を決めても、あっっっ、という間にその期限が来ます。
とにかく、期限が来たら放置せず、かならずリスケジュールしましょう。
リスケを何度も繰り返している場合は、そもそものタスクの必要性から立ち返ってみて。
必要ないこと、後でもいいことは切り捨てていきましょう!

③タスクは優先順位をつける
一旦書き出したタスクに優先順位をつけてみましょう。
始まってみないとわからないことなのか、時間があるうちにやっておいたほうがいいのかが見極めのポイントです。

自分のやりやすい方法や我が子のタイプなど、我が家の両立スタイルはやってみながら柔軟に調整しよう!という気持ちが長続きさせるポイントだな、と思います。マニュアル通りにはいきません。

例えば私の場合は、「夕飯の支度は朝やる」と決めて半年がんばりましたが、どうしても朝のバタバタに身体と気持ちがついていかなかったのです。
夕飯は帰りの電車の中で考えて、帰ってきてから一気にやる方が私には合っていました!電車の中が仕事と家庭のスイッチ切替になりました。
大した夕飯はできませんが、小さいうちは少量でいいし、保育園の給食でちゃんと栄養バランスがとれたものを食べているので、ちょっとぐらい手を抜いても大丈夫!
そんな気持ちになれたのも、復帰してから半年してからです。
それまでは、めちゃくちゃ肩に力が入っていたんだと思います。

 

◆ノーベルの「訪問型病児保育」は働く親御さんの頼れる味方

いかがでしたか?
少しでも、育休復帰を控えた方の参考になれば、うれしく思います!
育休復帰で大事にしたいのは 「最初から完璧を求めない。抱え込まないこと」
「毎日1回は子どもを笑顔でぎゅーっとすること」
どんな声かけよりも心が通じている気がします。
(これは子どもが大きくなっても変わらないなあと最近また気づきました。)

子どもが病気したときも一緒です。
「小さな子どもは熱を出して当たり前」「丈夫な身体になるために必要なこと」です。
だから、子どもの病気を「避けたいもの」と思わないですむよう、上手にだれかを頼って心を軽くして乗り切ってくださいね。
その選択肢の一つとして、私たちノーベルの訪問型病児保育も、ぜひ検討してみてください。

 

◆ノーベルの病児保育8つのポイント

●安心安全の保育実績13,000件超
●病児専門の保育シッターがおうかがい
●大阪市内全域・近隣の市まで幅広いエリアでサポート
●当日朝8時までの予約で100%対応
●会員さまのご自宅で保育をおこなうのでお子さまも安心
●インフルエンザ・胃腸炎などの感染症もお預かりOK
●最短即日入会・翌日利用OK(オンライン入会)
●保育スタッフによる受診代行(※)
(※)現在、新型コロナウイルス感染症予防の観点から一時休止しております。

 

◆選べる2つの説明会のお申込みはこちらから!

まずは、説明会にご参加ください。説明会では、運営団体のご紹介・実際の保育の様子・料金など詳しい情報をお伝えします。「話を聞いてから考えたい」「入会するかまだ決まっていない」そんな場合でも、もちろんOKですのでお気軽にどうぞ!

①スタッフから直接話を聞ける!合同説明会に参加する
②24時間いつでもOK!スマホやPCで資料を見る

▼お申込みはこちら
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

説明会は随時行っておりますので、時間がある今のうちに、ぜひお気軽に、参加してみてくださいね。
4月から入会を考えている方は、「予約会員」という制度もありますので、まずは情報収集のつもりで説明会にご参加くださいね。

 ▼詳しくは、こちらからどうぞ!
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

▼どうしても休めない!そんなときの「おうち訪問型の病児保育」

  

 

LINE@