• ホーム
  • ブログ
  • 育休復帰準備
  • 【育休復帰準備特集】vol.03:急転直下、夫の転勤が決まる(涙)そして保活は振り出しへ…転勤族ワーママ保活奮闘記➁

【育休復帰準備特集】vol.03:急転直下、夫の転勤が決まる(涙)そして保活は振り出しへ…転勤族ワーママ保活奮闘記➁

       

こんにちは!ノーベル事務局です。
今号も、保活5回目という強者の事務局スタッフのお話。 前回までのエピソードご覧いただけましたか?

前回の求職活動中からの認可保育園への内定ゲット!!はご覧いただけましたか?
エピソード➀はこちら>>

今回は、認可保育園に内定したものの夫の転勤が決まってしまい、保活が振り出しへ戻ってしまったお話です。

保育園への申請も終わり、新年度からいよいよお仕事を始めようとしていたその矢先。
新年の初出勤を終えて帰ってきた夫が一言。

「4月から東京に転勤になった!」
「え~?!え、え、え、え~!!」
「どこに住むの?!いつまで?家族で?!」
と、大パニック…

仕事も決まり、保育園も申請して、私としては「さぁ!社会復帰!!」となっていたのですが、急ブレーキがかかりました。

まずは、決まっていた仕事の辞退(涙)
次に東京での家探し。

そして、内定した保育園の辞退申請…(涙)(涙)

かくして、私は再び、新天地で保活をすることになったのでした。。。

 

◆保育園広域入所申請

内定した保育園を辞退するために、泣く泣く区役所の窓口に行きました。
「転居することになったので

、保育園に入園できなくなりました」と伝えたところ、

窓口の方が、「転居先はどこですか?保育の必要性の認定をしているので、広域の転園申請しますか?」と聞いてくださったのです!
初めて知った制度だったので、「そんなことできるんですか?!」と
驚きながらも、「お願いします!」と前のめりにお願いしました。

とはいえ、求職活動中での転園申請ですので、最低ラインの点数での保育園申込みには変わりません。
さらに、転居先の自治体の4月一斉入所の一次募集の締切も過ぎおり、二次募集の少ない枠への申し込みだったので、かなり状況としては不利でした。

しかし、前のエピソードでもお伝えしたように、
「入園には厳しいけど、まずは利用調整会議のテーブルに上がらないと絶対に入れない。」
ということ。

藁をもすがる気持ちで、転園申請をしたのでした。

 

◆認証保育園とは?認可外とは違う??

家も決まり、無事引っ越しをしたものの、やはり保育園には落選…。
それもそのはず、東京のど真ん中の大都会に引っ越してしまったのです。
ニュースなどの影響で、東京は大阪より待機児童問題が深刻であると聞いていたので、期待はしていませんでした。

東京都には独自の基準で認可を出した「認証保育園」という保育園があり、園との直接契約です。
認可外保育園と同様に、直接連絡をして待機の有無を聞くのですが、これが凄かった…!!

1つ目の園
私:「0歳児の子どもを入園させたいのですが、待機することはできますか?」
園:「現在、90人待ちですので、入園できるのは、来年の春以降くらいになると思います。」
私:「・・・! 待機しますので、よろしくお願いします。」

2つ目の園
私:「0歳児の子どもを入園させたいのですが、待機することはできますか?」
園:「現在100人以上お待ちですので、待機もしていただけません。」
私:「・・・!・・・そうですか。。。わかりました。」

と、このように認可外保育園のニーズも高く、「もう一生入れないんじゃないか?!」と思ったものです。

 

◆奇跡が起きた!!

そんなこんなで、半ば諦めていた私の2回目の保活。
引っ越して2か月が経過した頃、突然やってきたんです、区役所からの電話が~!
「希望されていた保育園の空きが出ました。入園されますか?」

もちろんです~!!(喜)

なんと、求職活動中の点数でも、保育園の空きが出たことによって順番が回ってきたんです!!
当時住んでいた自治体では、申請できる希望園がなんと20園まで!あり、私は第12希望まで出していて、第6希望の園の空きが出たとのことでした。

認証保育園の100人待ちは何だったのか~?!

というわけで、
我が子は無事に、保育園に入園することが出来たのでした♪

 

◆求職活動に向けての心配事

保育園に入園出来たのは良かったのですが、仕事探しはまた一からのスタート。
そこでも仕事を探すのと同時に調べたのが、訪問型病児保育です。

実家も遠く、夫は出張ばかりで、まさにワンオペ。
初めての保育園で絶対病気を貰ってくると思っていたので、誰にも頼れない私には必須のサービス!
幸運なことに東京でもノーベル同様の訪問型病児保育サービスを見つけたので、即入会。

心穏やかに転職活動を始めることができました♪

次回は…
またまた転勤により、子ども2人を抱えての保活となったエピソードをお話します!

 

◆Zoom合同説明会・オンライン説明会のお申込みはこちらから!

お申込みはお気軽にこちらからどうぞ! 
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

▼在宅勤務でもOK!「おうち訪問型の病児保育」
子どもの鼻水ケア おうち訪問型の病児保育説明会参加

LINE@