【新型コロナ】4月入所の育休延長措置について(大阪市他)4/13更新

       

こんにちは!ノーベル事務局です。
桜の蕾もほころび始め、日中はポカポカと気持ちのよい陽気となってまいりましたね。

ところで先日、大阪市より、「新型コロナウイルス予防の観点から、4月保育所入所者の育休期間を5月末まで延長可能」という通知が出ました。
<4/13情報更新>
・大阪市では、さらに1か月延長となり、「6月末まで延長可能」となりました。

他の市はどうかというと、対応は自治体により異なり、大阪府では他に箕面市や吹田市などが同様の発表をしています。

以下に、大阪府内ですでに発表されている市についてリンクをまとめてみました!

<以下、4/13時点の情報に更新>
・緊急事態宣言に伴い、未発表の自治体でも同様の対応が可能になっているかと思いますので、詳しくはお住まいの自治体へお問合せください。

▼大阪市 4/8更新【復職期限日を6/30まで延長可】
https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000497849.html

▼池田市 3/16発表【復職期限日を5/31まで延長可】
http://www.city.ikeda.osaka.jp/kosodate/kosodate/hoikushoto/1584320655526.html

▼摂津市 3/17発表【登園開始日を6/1まで延長可】
https://www.city.settsu.osaka.jp/soshiki/jisedaiikuseibu/kodomokyouikuka/oshirase/12737.html

▼箕面市 3/18発表【復職期限日を5/31まで延長可】
https://www.city.minoh.lg.jp/infancy/youji_korona.html

▼吹田市 3/23発表【育休期間を5/31まで延長可】
https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-jidou/hoiku-yochien/oshirase/corona_nyusho.html

▼八尾市 3/25発表【復職期限日を6/1まで延長可】
https://www.city.yao.osaka.jp/0000050319.html

<以下、4/13更新時に追加したもの>

▼寝屋川市 3/27発表【入所日変更等の調整を検討する】
https://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/kodomo/hoikuka/1585271375676.html

▼茨木市 3/31発表【育休期間を6/30まで延長可】
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/saigai/shingatacoronavirusinformation/gakkouyouchiengakudouhoikuetc/youtienhoikusyo/47391.html

▼島本町 4/3発表【登園自粛要請が終了した日から20日以内の復職を認める】
http://www.shimamotocho.jp/i/kosodate/hoikusyo/1585903389760.html

▼大東市 4/6発表【復職期限を5/31まで延長可】
http://www.city.daito.lg.jp/kakukakaranoosirase/fukushikodomo/kodomo/hoiku/ikyukyuu/index.html

▼藤井寺市 4/6発表【育休期間を5/20まで延長化】
https://www.city.fujiidera.lg.jp/kurashi/kosodate/hoikusho/10436.html

▼高槻市 4/8発表【復職期限を5/31まで延長可】
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/kodomo/hoikuj/gyomuannai/hoikusyo/osirase/1586397403233.html

▼四条畷市 4/8発表【復職期限を5/31まで延長可】
https://www.city.shijonawate.lg.jp/soshiki/21/18770.html

▼豊中市 4/9発表【復帰時期を5/31まで延長可】
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kosodate/hoikusho/korona-ikukyu.html

▼堺市 4/10発表【復職を6月中まで延長可】
https://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/hughug/lifestage/hoikuen/corona.html

▼松原市 4/10発表【復職期限を6/1まで延長】
https://www.city.matsubara.lg.jp/soshiki/hisyo_kouhou/3/3/4/12397.html

他の市についても、状況はこれから日々変わっていくと思うので、お住まいの市の情報は要チェックですよ。

 

◆育休延長できる人、できない人

とはいえ、復帰時期をずらせるかどうかは、職場の子育てへの理解度や、仕事のポジション、職種や責任の重さなどによって、大きく違いがあるかと思います。

一般的には、もうすでに復帰前提で人員配置や環境整備がすすんでおり、急な延長は難しい場合が多いかと思いますが、職場によっては延長を推奨してくれたり理解してくれるケースもあるかと思います。

我が子や家族の健康に関わることですし、感染リスクを少しでも減らしたいのは会社側も同じ。
もし職場に相談できる余地があるなら、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

◆育休復帰の延長で注意すべきこと

【4月からの保育料の減免について】
育休復帰を延長できるといっても、入園については4月からとなることがほとんどかと思いますが、4月からの保育料はどうなるのでしょうか?

これも各市により対応が異なり、現在進行形で検討中の市も多いようですが、おおむね減免される方向にあるようです。
お住まいの市の情報をしっかり確認して、確実に手続きを行ってくださいね。

【夏風邪流行真っ只中の保育園デビュー】
6月からは、いわゆる「夏風邪」が流行りだします。
手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(アデノウイルス)など、夏のジメジメした高温多湿の環境を好むウイルスが活発になり、毎年4月入所の保育園児を直撃します・・・

6月に復帰してすぐに病気でまた休む!となると、さすがに肩身が狭い・・・という状況になる可能性も。
今のうちから、子どもの病気の時に預けられる先はあるか、つまり病児保育について確認して準備しておくことが吉!です。

 

 

◆100%お預かりで安心!ノーベルの訪問型病児保育

ノーベルでは、おうちまで保育スタッフがお伺いしてお子さまをご自宅で保育する「訪問型の病児保育」を提供しています。

施設型と異なり「定員」がありませんので、「朝8時までのご予約で100%お伺いをお約束」しており、この点が「安心して仕事に集中できる」と多くの親御さんに喜ばれています。

スマホひとつで即日入会・最短翌日からご利用いただけるので、急な病気の時も大丈夫!
また、利用開始日が5月や6月と少し先でも、3か月以内なら利用開始日を自由に設定できますので、時間のあるうちに登録しておくと安心です。

設立10年、これまでたくさんの親御さんの声を聴きながら、実質的に必要とされていることを提供できるよう練り上げてきた、病児保育サポートです。

「子どもを産んでもフツーに両立できる社会」を目指し、日々努力しています。

 

▼育休延長の間にぜひ登録を。「おうち訪問型の病児保育」
子どもの鼻水ケア おうち訪問型の病児保育説明会参加


LINE@