ノーベルと学ぶ保育

簡単!手作りマスクの作り方(ガーゼ・プリーツ入り)

こんにちは!ノーベル事務局です。

マスクが手に入らなくなって久しいですが・・・
「それなら作っちゃえ!」ということで、手作りマスクの作り方、ご紹介いたします~!

プリーツガーゼマスクの作り方

 

材料

・ダブルガーゼの布(表地用、裏地用)
※なければ、手ぬぐい・ハンカチ・バンダナなど代用品にて

・マスク用ゴム紐
※なければ、髪を結ぶゴム(やわらかめ)・帽子用ゴム・ウーリースピンテープなど代用品にて

・ノーズワイヤー(使い捨てマスクから取り出したものでOK)

布は、ダブルガーゼが最適。
表地は、こども用にはかわいいプリント柄だと良さそうです♪
裏地は、汚れがわかりやすいよう無地がおすすめ。
ダブルガーゼがなかったら、さらしや手ぬぐいでもOKです。

ゴム紐は「マスク用」というのが売っていますよ。
なければ使い捨てマスクから切り出して使ってもOK。

下準備

水通しをしていないガーゼは縮む(3~5%くらい)ので、あらかじめ水通しをしたほうがよいです。
といっても簡単です、1~2時間水につけて、乾かして、アイロンがけした布を使えばOK!

作り方

では、大人用の一般的なマスクサイズ(出来上がりサイズ:ヨコ17cm×タテ9cmくらい) で、作り方を解説しますね!

お子さん用など、サイズを調整したい場合は、出来上がりサイズに対して・・・

【ヨコ】左右に三つ折りにする分を+2cmずつ大きめにする
【タテ】だいたい2倍にする

くらいの感じで大丈夫かと思います!
タテは、プリーツでひだをつくるので、厳密でなくても大丈夫。

もう少し厚みをつけたければ、裏生地のタテを2倍にして、二つ折りにして重ねれば、3重(ダブルガーゼなので布は6重)マスクになりますよ。

では、図解にてご紹介~!






 

ノーズワイヤーのところは、省略しても大丈夫ですけども、そんなに手間でもないので、入れておくとフィット感がよくなって良いかと思います♪

ぜひ作ってみてくださいね~!

 

▼100%お預かりお約束で安心!「おうち訪問型の病児保育」
子どもの鼻水ケア おうち訪問型の病児保育説明会参加

TAG

この記事をシェアする

この記事をシェアする
  • LINEで送る
この記事をシェアする
両立をつくりなおすメールマガジンに登録

RELATED POSTS

保育で親子を支える
2024.07.11

ノーベルの保育品質

新人スタッフが現場で学ぶ「同行研修」。安心安全の保育のためにノーベルが力を入れていること
保育で親子を支える
2024.07.08

保育者として働く

新事業「子育て家族のまるごとサポート」に携わる専任スタッフ募集!育児家事をサポートする「ケアスタッフ」の仕事内容をご紹介。
保育で親子を支える
2024.06.25

保育者として働く

子育て家族の多様な困りごとを解決に導く!新規事業の「ガイド」スタッフ募集!