• 今すぐできる社会貢献 > 
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクトについて

寄付

 
子どもはすぐ、病気をするもの

ひとり親家庭の現状

子どもの急病でまた失職。大半は非正規雇用です

ひとり親家庭では両親交代で子どもをケアすることができないため、子どもの病気で欠勤が続くと、解雇につながるリスクがとても高いのが現状です。またそうした理由から就職の際にも雇用主の信頼や理解を得づらく、ひとり親家庭の約5割が収入の安定しない「非正規雇用」です。

全国で一番多い大阪のひとり親家庭。収入は一般家庭の1/3

全国で一番多い大阪のひとり親家庭。その9割は母子家庭で、平均年収は213万円。これは児童扶養手当等も含んだ額で、1ヶ月約17万円で、平均1.7人の子どもを育てていることになります。子どもを守り仕事を守るため、病児対応の保育サービスを利用し続けた結果、その費用だけで月10万円を超えたケースも報告されています。

子どもに十分な教育が与えられず、貧困が受け継がれてしまうことも

一番の問題は、こうした状況が子どもに与える影響です。子どもの教育費にかけられる支出は、一般家庭平均の約半分。それは子どもの教育機会が限られてしまうことを意味し、学力低下を招く一因にも挙げられています。さらに問題なのは、教育の格差が社会的格差として、子どもに引き継がれてしまうことです。



寄付で支える病児保育支援

この危機を乗り切るため、そして子どもへの連鎖を断ち切るために、わたしたちの力でサポートできる仕組みをつくりました。それが、寄付で支える病児保育支援、その名も「ひとりおかんっ子応援団プロジェクト」です。

寄付を集め病児保育を安価に提供
ひとりおかんっ子応援団に申し込む

病児保育支援でできること-利用者の声-

ひとりおかんっ子パックを利用されている方々に、ノーベルの病児保育を利用する前後の生活の変化についてお伺いしました。

病児の預け先を確保し、転職をすることができました

就活の面接で病気の時の対応はどうするか?と聞かれ、自信を持った対処法を回答できずに悔しい思いをしていました。ノーベルを利用するようになって、病児保育を利用しているので、仕事に集中できる事を伝えられるようになり、転職をする事ができました。 (大阪市 S様)

おかん

仕事を休むと失職に… 心の保険になりました

あてにしていたところに病児保育を頼めなかったとき、休まなくてはいけない=その日のお給料がない、場合によっては失職というくらいの気持ちになった事があります。いっその事、入院できる病院のとなりに住めたらいいのに、と考えていました。ノーベルに加入後、前日までに申込めば必ず来て下さる、という心の保険ができ、前より思い詰めなくなりました。 (大阪市 S様)

おかん

子どもを守る繋がりができ、経済的にも心にゆとりが

子どもがマイコプラズマ肺炎に罹った時、費用が高額で何日もベビーシッターは利用できず、でも仕事は休めないので1日2,000円の病児保育室に毎日通った事があります。高熱で嘔吐のひどい子どもを、車に寝かせて、毎日往復するのは、本当にかわいそうでした。ノーベルに加入した事で、子どもを守る繋がりができ、安心感が生まれました。また、いつでも来てもらえ、経済的にもシッターより安価なので、心にゆとりができました。 (大阪市 S様)

おかん

以前は無理やり保育園に預けていたことも…今は安心して仕事ができます

子どもの熱が明らかに高い時、仕事を休めず保育園に預けてしまった事がありました。しかし、熱が上がってやはり迎えに行く事になり、先生にも子どもにも申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ノーベルが利用出来る事で、子どもを見てもらっている間も、安心して仕事に集中できるようになりました。 (大阪市 S様)

おかん

“子どもの病気=収入減” 働けるだけ働きたい



月1,000円からできる病児保育支援 「ひとりおかんっ子応援団プロジェクト」

皆さまからの毎月の継続的なご寄付を財源に、ひとり親家庭に「病児保育サポート」を提供。1世帯に約8,000円/月の運営費がかかる病児保育を、ひとり親家庭に月1,000円(税別)で提供します。支援を受ける期間は最長2年。経済的自立を築いてもらうための2年でもあります。寄付は月々1,000円(税別)から可能です。ひとりおかんっ子たちがたくさん病気をしてすくすく育つその日まで、ひとりおかんっ子応援団員として一緒に彼らをサポートしませんか?

ひとりおかんっ子応援団プロジェクト




ひとりおかんっ子応援団に申し込む

ページトップヘ