保育者として働く

病児保育スタッフの働き方FAQ|お子さまを1人でお預り、ちょっと不安だけど大丈夫ですか?

こんにちは!ノーベル採用広報チームです。
今回は、病児保育業務についてよくいただく質問にお答えします。

ノーベルの保育は利用会員様宅への訪問型スタイルをとっており、お子さま1名につき保育スタッフ1名で対応します。この『1対1』でお子さまに寄り添う保育が親御様からもご好評をいただき、保育スタッフのやりがいにもつながっています。

「でも、1対1でお子さんを預かるって責任が重いのではないですか?」

もちろん、大事なお子さまをお預かりするので、責任が少ないとはいえません。ですが、それは他の保育、例えば保育園や児童施設でも同じこと。

保育園では先生も複数になりますが、お子さまの数も場合によっては何十人という大規模になります。
そのお子さま全員に責任を持ち、事故がないよう常に目を光らせる保育園でのお仕事。
1対1だからこそ、そのお子さまだけを常に見ていられる病児保育。
2つをくらべて、病児保育の方が過度に大変だったり責任が重いということはありません。

お子さんは複数になると騒いだり暴れたりという行動が顕著に見られますが、1対1だと意外におとなしい場合も多く、”2人いるお子さんが別々の方向に走っていった”という事態も起きないため、そのお子さんだけに注力して付き添い、見守ることができます。

『1対1』でお子さまに寄り添う保育

お子さんはどんな行動をとるのか予測出来ないところもありますが、だからこそ、「目を離さない」ことで防げることがたくさんあります。
1対1だからこそ、お子さんから目を離さない保育が可能なのです。

また、ノーベルの本部には、保育中のスタッフをサポートする専門部署があります。
保育中に発生する「こんなときはどうしたらいいの?」という疑問や不安の相談に乗り、一緒に解決する方法を考えます。
「お薬をのんでくれない」「泣き止んでくれない」「お熱が急激に上がってきた」など、どんなことでもヘルプコールしてください!

ノーベルの保育は『チームで保育』
現場では1対1でも、決して1人ではありません!!
かわいいお子さんとじっくり向き合いながら、安心して保育に専念いただける環境を日々整えています。

ノーベルではこれまで1万件以上のお預かり実績がありますが、全て無事故。「安心・安全の保育」を徹底し、働くみなさまが安心して働き続けられるよう、本部メンバーも精一杯のサポートを行ってまいります。

このほか、ご不安なこと何でもご相談ください♪
ぜひ、あなたのご応募をお待ちしています!

ノーベルの採用情報

TAG

この記事をシェアする

この記事をシェアする
  • LINEで送る
この記事をシェアする
両立をつくりなおすメールマガジンに登録

RELATED POSTS

保育で親子を支える
2024.02.16

保育者として働く

ノーベルの訪問保育|1対1の「向き合う保育」とは?スタッフの一日に密着
保育で親子を支える
2024.02.16

保育者として働く

短時間勤務OK!病児保育スタッフ求人募集!!
保育で親子を支える
2024.02.06

保育者として働く

採用からのお知らせ|病児保育スタッフ入職時の必要資格の変更点について