2015年、ありがとうございました。

       

2015年が終わる。

「ギフト」をたくさんもらった年だった。

2012年ころからずっとずっと暗い闇のトンネルを歩いていて、
遠くに光が見えたなと思ったら、
またすぐに暗くなって、
そして、また光が見えたと思ったら暗くなって。

ここ数年、ほんと自分とたくさん向き合ってきた。

ノーベルは始まってからずっと事業としては右肩上がり。
外部からの評価をいただくことも増え、周りからの期待もひしひしと感じてた。
でも、それとは裏腹に自分の思うように組織が回らず、悩むことも増え、
ついに、2015年の夏、からだにガタがきて起き上がれなくなってしまった。

でも、2015年、最後の最後にようやく明るい光がまた見え、
それがまた何かにふさがれて暗くなることがなくなった。

きっとその暗さを光に変える方法がわかったからなのかな。
きっと自分と向き合ってきた結果、自分を解放することができたのが大きいのかな。
自分を認めたり、自分を許せたり、自分を大切に思えたり。

ほんとに、今年は良いこともありすぎて、そして、悪いこともありすぎた年だった。

でも、良いことも、悪いこともすべて、これからの未来のために起きてくれた。
天からのプレゼントのように。。。「ありがとう」と言えることばかり。

特に、
2月に受けたNPO法人ETIC.の研修
3月に受賞したGoogleインパクトチャレンジ「みんなのグランプリ賞」受賞
11月のリクルートでの講演
あと、2月と6月に起きたとあること。

この5つのギフトの意味が身に染みてわかる分、「感謝」という言葉しかでてこない。

心のどこかに余裕ができ始めると、たくさんの人に愛を与えることができるし、
まわりにまわって光のギフトがたくさんやってくる。

そんなことを思った2015年でした。

来年は飛躍の年になる。
乗り越えなければいけない高い壁をみても、楽しんでいる自分がいる。

みなさん、今年も本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

enjoy everything^^