赤ちゃん・子どもが嫌がるシリーズ「鼻水編」

皆さん、こんにちは!ノーベル事務局です。

急に涼しくなったからか、鼻水や咳が出る症状のお預かりが増えています。

風邪を引いた時の黄色や緑の鼻水は中耳炎の原因になる細菌が混ざっていることが多いので、
なるべく鼻水をすすらせないで、こまめに鼻をかませたいところ。
とはいえ、鼻を自分でかめない赤ちゃんやお子さんの鼻水は、処理に困りますよね。

また、寝ようとしたときに、鼻が詰まって何度も起きてしまう・・・ということもあり、どうにか上手に取ってあげたいもの。

ネットで調べると
・鼻水を吸引してあげる
・鼻を温める
などの方法が紹介されていますが、実際にやろうとすると

鼻水吸引→「鼻吸い器を見ただけでギャーー!」もしくは「吸っても吸っても出てこない!」

鼻を温める→「ひと時たりともじっとしてくれない!」

などに困っていませんか?

そこで今回は鼻水にまつわるノーベルスタッフの対処法についてご紹介します。

 

鼻水吸引のコツ

鼻吸いは、まず体の抑え方がポイントです。

大人二人がかりなら、一人は子どもを押さえる担当、一人は鼻吸い担当と分業できますが、多くの場合は大人一人で子どもを押さえつつ、鼻を吸わなければなりません。

しかも、子どもはじっとしているのも、鼻をいじられるのも気持ち悪いので嫌がりますね。

 

コツは、しっかり体を固定させること。親も嫌がっても躊躇せずに行うのも大切です。

子どもを寝かせた状態で、大人の足を伸ばしたところに寝かせて、両足で子どもの体を固定します。

見た目結構かわいそうな体勢ですが、動きを封じるならこれが一番です。

(言葉だけだとわかりづらいので、図も描いてみました。)

01

 

 

鼻水吸引の器具の例

鼻水吸引の器具ですが、吸って出す鼻吸いとスポイドタイプの鼻吸い、そしてこのような電動のものもあります。

「電動鼻吸い器 スースー」

02

(c)楽天 ママルル

 

ノーベルでは、この商品でのみ対応しています。

「ママ鼻水トッテ」

03

(c)Amazon

 

ちなみに、こちらは乳児院などでも使われているようです。

「ピジョン ドクター ハナ吸器」

04

(c)Amazon

 

「チュチュベビー チュチュ鼻水キュートル」

05

(c)Amazon

 

 

鼻の温めについて

子どもの鼻を温めるというのも難しいと思いますが、熱がないのであればお風呂にはいることが、鼻を温めることになります。

しかも、蒸気があるので、加湿効果もあります。
咳だけの症状または鼻詰まりだけという場合は、お風呂が一番簡単に温めてあげられて、かつ加湿もできる場所だと思います。

お風呂に入れない場合は、顔を拭くついでに、温めるというのもありですね。

少し温かいタオルで、包むように拭いてあげると良いかもしれません。
でも、これは普段からの顔を拭く行為を、嫌がらないようにしておくこともポイントになります。

毎朝、濡れタオルを電子レンジで20秒ほどあたためたホットタオルで顔を拭く(蒸らす)のが、美容にいいらしいです。ママと一緒なら子どもも喜んでやるケースがありますよね。美容・健康、一石二鳥なのでオススメです。

 

加湿も大切

なお、加湿が十分であれば、鼻が通りやすいので、加湿をしてあげるのも有効です。
加湿器があれば簡単ですが、ない場合は下記のようにします。

▶原始的なやり方ではありますが、タオルなどを濡らしてつっておく

▶湯気のたっているものをそばに置く(やけどに注意は必要ですが・・・)

 

 

姿勢にも注目

大人もそうだと思いますが、横になって上を向いて寝ていると、両方の鼻が詰まって息苦しいと思います。
咳のケアと似ているところもありますが、横に向いたり、座ってみたり、体位を変えるのと一緒で、子どもたちも体位を変えると楽になります。
少し、頭を上げてあげたり、横を向かせてあげたりも有効だと思います。

 

出てきてしまった鼻水の処理

すでに垂れている鼻水については、拭くしかないのですが拭きすぎにも注意しましょう。

ティッシュで大丈夫な場合もありますし、荒れてしまう場合もあります。

ガーゼも古くなるとガサガサしてしまいますし、タオルも結構痛がられます。

そこでお勧めはウェットティッシュを温めてさっと拭くこと。感触はソフトだし拭いたら捨てられるし、お湯で絞って使いました。

RSウィルスや、インフルエンザなどの感染症の時にもお勧めです。

そして何を使う場合も当てはまりますが、鼻を拭くのは、何回もするのではなく、1回でぱっと拭いて、嫌がる前にやめるが基本です。

 

鼻をかむ練習をしておきましょう

鼻が詰まっているときは、出すのが一番スッキリします。

ある程度子どもが大きくなってくると鼻をかむ練習をし始めることも大事です。

※鼻をかむ練習については、後日記事にしますのでお楽しみに☆

—————-

ところで、現在、お仕事されている、もしくは4月・5月から育休復帰予定で、このブログに辿り着いた親御さんへ。

「鼻水が出ていて本調子でない子どもをゆっくり休ませたいけど、明日は仕事を休めない」
「復帰後すぐに子どもがこんな調子で病気したら休むのが気まずい」

という不安を抱えていませんか?

そんなあなたにおすすめ!体調が悪いお子さんを日中、ゆっくり自宅で休ませてあげて安心して仕事に行けるノーベルを利用しませんか?

まずは無料の説明会にお越し下さいね。

 

選べるご入会方法はこちら

すぐに入会したい!忙しくて時間がとれない!そんな方はこちらがおすすめ
\24時間WEBお申込みOK!最短翌日利用もできる/オンライン説明会

どんなスタッフがいるのか知りたい!質問したいことがある!そんな方はこちらがおすすめ
\スタッフと直接話ができる/無料託児付き合同説明会

▼詳しくは、こちらからどうぞ!
入会するかはまだ分からないけど、どんな感じか話をきいてみたい!という方も大歓迎です。
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

▼どうしても休めない!
そんなときの「おうち訪問型の病児保育」
子どもの鼻水ケアおうち訪問型の病児保育説明会参加

LINE@