• 第9回大阪マラソンチャリティランナー募集

病児保育を通じて、子育てと仕事の両立をサポートする私たち認定NPO法人ノーベルは、第4-8回に引き続き、第9回大阪マラソンのオフィシャル寄付先団体に選ばれました。

大阪マラソンでは、「チャリティランナー」という枠組みを設けています。チャリティランナーは、支援したい寄付先団体を決め、友人知人等に寄付を広く呼びかけて、合計70,000円以上の寄付を集めると、大阪マラソンに出走できます。

ノーベルへのご寄付は、ひとり親家庭やスペシャルニーズっ子家庭へ寄付を財源に安価に病児保育サポートを届ける「ドノ親子ニモ応援団プロジェクト」に活用させていただきます。

ぜひノーベルのチャリティランナーとして、働く親御さんや子どもたちのサポートにお力を貸してください!

※認定NPO法人であるノーベルへのご寄付は税制優遇の対象となり、寄付額の最大4割が確定申告で控除されます。

チャリティランナーの申込方法

走ることが誰かのためになる「チャリティランナー」とは?

チャリティランナーをご希望の方は、大阪マラソン公式サイト/ファンドレイジングサイト上で、支援したい寄付先団体を指定の上、エントリーをお願いします。

エントリー期間は、4月5日(金)10時~8月30日(金)17時までです。

第9回大会はランナー枠数に限りがあり、ノーベルのチャリティランナーは上限が40人となっております。上限に達するとエントリーができない状況になりますので、ご希望の方はお早めにエントリーをお願いいたします。

※7万円の寄付集めは エントリー後、10月28日(月)まで続けていただくことが可能です。

チャリティランナーの申込方法

大阪マラソンチャリティランナー

ご寄付の使途について

ひとり親家庭への病児保育サポート

全国で一番多い大阪のひとり親家庭。
その9割は母子家庭で、約5割は収入の安定しない「非正規雇用」と言われています。経済的余裕がなく病児保育を使いづらいひとり親家庭に対し、通常約月8000円かかる病児保育を、月1000円で安価に提供します。子どもの病気が、親の失職などに直結しないようご寄付を活用します。

スペシャルニーズっ子家庭への病児保育サポート

障がいを持つお子さんの場合、ノーベルは1対1訪問型病児保育という特性上、保育スキルも保育にあたる人数も一般の保育より必要になり、これまですべての利用希望に応えるのが難しい状況でした。
今後はできる限りの受入れに向けて、定期面談費、2名体制での保育費等、通常より費用がかかる部分をご寄付でまかない、一般料金で利用できるよう、ご寄付を活用します。

子どもを産んでも当たり前に働き続けられる社会を目指して

病児保育を通じて、働く親御さん・子どもたちへ安心を届ける

「夜中に突然子どもが発熱。でも明日は仕事休めない。頼れる人も近くにいない」働く親のピンチである子どもの突然の病気。ノーベルでは当日朝予約でも100%保育スタッフがご自宅にかけつけ、親御さんの代わりに子どものケアにあたる訪問型病児保育を2010年から提供し、のべ2000世帯超に対し、保育件数1万件以上のサポートしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加