ノーベル公式ブログ

アデノウィルスの次は中耳炎…0歳11ヶ月/病児保育スタッフ奮闘記

Posted at 2017.06.18 |

  • LINEで送る

日々の保育で出会うお子さまとのやり取りをご紹介する病児保育スタッフ奮闘記。
今回はアデノウィルスによる発熱から数日後、今度は中耳炎に。耳が気になってしょうがない女の子との一日です。

お子様プロフィール
Tちゃん:0歳11ヶ月
――――予約時の状況―――
「先週金曜日からアデノウィルスによる発熱。 症状はだいぶ安定しており、本日の昼間は熱も下がっていましたが夕方より発熱。病院を受診したところ中耳炎も併発していることが発覚しました」と前日ご予約をいただきました。
さて、どんな一日になるのでしょうか。

コラム:アデノウィルスについて
プール熱(咽頭結膜熱)の原因ともなるウィルスの感染症。
ウィルスの型によって対象の組織・症状が異なり、目やにや目の充血症状を発症する「はやり目(流行性結膜炎)」の原因となるウイルスでもあります。
■初期症状と主な症状
・40℃前後の高熱で5日前後続く
・ノドの痛み(咽頭痛)、ノドの腫れや赤くなる(咽頭発赤)
・耳の前や顎下のリンパ節が腫れる
・眼の白みの部分の充血(結膜充血)、眼ヤニ(眼脂)
■ケアのポイント
食事が摂りにくくなることが多いので、水分を中心に誘う。 あごを動かすと痛いので、やわらかいものを小さ目のスプーンやお箸などで食事を取りましょう。
登園・登校許可の目安
主要症状(発熱、咽頭発赤、目の充血)が消失してから2日を経過するまで。
おかん

お父さま・お母さまのお出かけ時も泣くことなくお見送りできたTちゃん。

スタッフはどんな遊びをしようかな~?
Tちゃんの好きな絵本は何かな~?とTちゃんを抱っこしながら様子を少し伺っていると、Tちゃんは『こぐまちゃんとふうせん』の絵本を開き始めました。
お話を読みすすめると、風船が割れるシーンに。
「あっ!」とスタッフと一緒に声をあげてくれました^^。

続いて『しろくまちゃんのホットケーキ』でおいしそうなホットケーキをパクパク。
『たまごのうた』ではメロディにのせて絵本を読みすすめると、いつもと違うお話に思ったのか少し不思議そうなお顔をしていました。

33ecfae8ee57a7832019887bd42136f9_s

©photo-ac
たまごポーロのおやつとミルクをすこし口にした後、ふにゃ・・・っと泣き顔に。
泣くことなくお見送りできましたがパパ・ママを思い出したかな。
スタッフがすかさず抱っこをすると、安心してくれたようです。「さんぽ」を歌いながらトントンしている間におやすみのTちゃんです。

お目覚め後は汗をかいていたのでお着替えをしてからの昼食です。
アデノウィルスでのどがはれたり、中耳炎も患っているので飲み込むのがしんどかったりしますがお母さまが用意してくれた、サツマイモがのったリゾットをパクパク。
ぼぼ完食できました!
食後もお薬もスポイトでお口の中へ。嫌がることなく、しっかり飲めましたね♪

スタッフのお膝の抱っこを気に入ってくれたTちゃん。
お食事後も、お膝の上で絵本のページをめくったり、型ため遊びをしていましたが、お腹がいっぱいになってかうとうと・・・。
抱っこで抱っこでお昼寝となりました。

お母さまから、事前にお耳を触る癖があるとは聞いていたのですがお昼寝してから1時間程して、急に泣きながらのお目覚めのTちゃん。
盛んに両耳を気にしています。
症状が中耳炎と伺っていたのもあり、スタッフも少し不安に。。。
Tちゃんを抱きかかえ、様子を伺いながら状況を念のために本部に報告・相談します。
「お熱もなく、鼻水もないなら様子をみながら気分転換かな?」とのアドバイスを参考に廊下を歩いたり、洗面所の鏡で自分の姿を見て手を振ってみたりして、少しずつご機嫌に。

26b7e3204b3b40bc529d5515a567363d_s

©photo-ac

Tちゃんの頬もだんだん上がり、笑顔が見えてきました。
表情が変ってきたのと並行して、Tちゃんの手が耳を触る様子も見られなくなりスタッフもホッと一安心です。
おやつも勢いよくパクパクたべ、ミルクはおかわりしてゴクゴク。
さっきまでの様子が嘘のようにご機嫌にもどりました♪

その後はスタッフと手遊びやお歌遊びをして、ご帰宅されたお父さまを笑顔でお迎えしたTちゃんでした。保育スタッフへの評価

初めての託児でドキドキしていましたが、お会いした瞬間、この方なら大丈夫と安心してお任せできました。
終了時間が予定より過ぎてしまい申し訳ないです。本日はありがとうございました。

事務局スタッフへの評価

<その他ご意見・ご要望>
初めて利用させていただきましたが、想像以上に素晴らしくて感謝しかないです。
スタッフの皆さまのおかげで勤務中も集中して過ごすことができました。

ブログスタッフ野末より

初めてのお預かりで親御さまも不安いっぱいであったと思いますが、勤務に集中できたとのこと、スタッフもうれしく思います。
アデノウィルスでしんどい時期が続いたのに、さらに中耳炎とは大変でしたね。

お休みも続くとお子さんはもちろん、親御さまも家のことに、仕事にと大変でしょうが、早く良くなって元気に保育園に行けるといいですね。

▼ノーベルの病児保育とは?
https://byojihoiku.nponobel.jp/

bnr-160526_01bnr-160526_02

Posted at 2017.06.18 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2017
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター