ノーベル公式ブログ

【特集│育休復帰準備】vol.16 お部屋は危険がいっぱい!?お子さんの成長に合わせて見直しを

Posted at 2017.06.28 |

  • LINEで送る

こんにちは!スタッフ野末です。
【特集│育休復帰準備】と題して、復帰後すぐに訪れる「子どもの病気」をどう乗り切るか。 ikukyu
その対策と準備術をお届けします!

前回は【特集│育休復帰準備】vol.15 感染症で登園停止。何日保育園行けないの?と題して、感染症を罹患したお子さんが何日間登園できないのか。
病気と日数の数え方についてご紹介しました。

今回は、「お部屋は危険がいっぱい!?お子さんの成長に合わせて見直しを」と題して、
お子さんの生活環境を今一度確認をお願いしたいと思います。

と、いうこもこれまたわたくし野末の経験談。
良いこと・便利なことはすぐ真似っ子するのですが、全部の部屋のドアノブを写真のように変えてみました!
(ネジ1本緩めれば、簡単に変えれます)
野末家_ドアノブ

1歳の間は、これでリビング・廊下・お風呂場以外は散らかっていてもドアが開けれず生活空間が限定されるので何とかなりました。
しかし、2歳になると背も伸びて手が届くように。
容易に開けれるようになったのと、トイレトレーニングが始まったのでせめてトイレまでは自分で行けるように…とこの作戦も1年で終了。
子どもたちに部屋をあさられても良いように片付けに追われました。

  お部屋をぐるっと見回してみましょう

日々寝ころんでいたお子さんも、寝返り、はいはい、つかまり立ちと日々成長を感じられると思います。
ぐんぐん成長する様子がうれしい反面、行動範囲が広がる分だけ室内での事故の危険性は高くなりますね。
育休復帰すると、日々の生活に追われて身の回りのチェックは甘くなりがちに。
命の危険を及ぼすような事故は未然に防げるよう、お子さんの成長よりも一歩手前の生活環境を整えましょう。
図1

年齢別の細かいチェックポイントや事例集は
消費者庁ホームページ「子どもを事故から守る!プロジェクト」で日々情報が更新されているのでご参考に☆
是非、気を配っていただきたいポイントをご紹介します♪

首すわり・寝返り・おすわりのころ(3~9ヶ月)

少しずつ、自分で動作ができるようになるころ。その分、危険も増えてきます。
転落:ベット・ソファの上で横にさせていませんか?(ベビーベットから離れる時は柵を上げる)
窒息:お口に丸々入るおもちゃはありませんか?
やけど:お子さんの近くに熱い飲み物はありませんか?(手を滑らした時が危険です)

はいはい・つかまり立ちのころ(9ヶ月~1歳)

自分で室内を動くようになるころ。手が届く範囲も日に日に広がります。
誤飲(中毒)たばこやボタン、小さなおもちゃはありませんか?
転倒椅子や段差から落ちるような危険な場所はありませんか?
溺水お風呂のお湯は抜いてますか?(残し湯はしないように)
お子さんの行動範囲を限定できるようにチャイルドゲートの設置、ドア・戸棚があかないようにロックをかけるのも一つですね。

立っち・あんよ・歩き回るころ(1~3歳)

行動範囲が広がることでなんでも原因になりえます。
転倒/転落:階段・ベランダに一人で出られないようにしていますか?
指をはさむ:ドアや引き出しで指をはさみそうな所はありませんか?
やけど:テーブルクロスを引いてまいせんか?
(卓上のものを転倒・こぼす危険が・・・)
他にも大人の身の回りのものが子どもにとっては危険物になる事も。けがをする前に不要なものは隠しましょう!

大切なお子さまのために

ノーベルでお子さまをお預かりする際、安心・安全の病児保育を徹底するためにご家庭の環境整備をお願いしておりますが、ノーベルご利用の有無は関係なく大切なお子さまのために日ごろから気を配りたいですね。


ノーベルの病児保育とは?/説明会の詳細はこちら
https://byojihoiku.nponobel.jp/

line_bnr

Posted at 2017.06.28 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2018
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター