ノーベル公式ブログ

【特集│育休復帰準備】vol.11 予防したい夏の感染症

Posted at 2017.05.24 |

  • LINEで送る

こんにちは!スタッフ野末です。
【特集│育休復帰準備】と題して、復帰後すぐに訪れる「子どもの病気」をどう乗り切るか
ikukyu
その対策と準備術をお届けします!

前回は
【特集│育休復帰準備】vol.10 病児保育、利用準備は整っていますか?
と病児保育(特に施設型)の利用準備のポイントをお届けしました。
万が一、お子さんの体調が悪くなって、仕事を休める状況となっても慌てることなく「病児保育を利用しようか」と切替れると思います。

とはいえ、お子さんが元気でいてくれるのが一番です。
今回は予防したい夏の感染症についてお届けします!!
大人になると免疫もつき感染症と縁遠くなるもの。
私も、乾燥する冬の時期のインフルエンザ・・・くらいにしか思ってなかったので、夏にも感染症ってあるの!?と保育園1年目は色々病気をして学んだものです。

知っておきたい夏の感染症

【手足病】
▼病気と症状▼
喉の痛みと微熱(37~38度台)を伴うことがあります。
手のひら、足の裏、おしりなどに小さなもりあがった発疹、口の中に水疱ができます。
熱は1~3日目で下がり、5日ほどで症状は回復します。

▼治療とホームケア▼
受診は必要ですが、自然に治るのを待ちます。
口内の水泡で食欲が落ちるので、酸味や塩分の少ないものにし、食後は湯冷まし等を飲ませたり、お口をゆすいで、口の中を清潔に保ちましょう。

【ヘルパンギーナ】
▼病気と症状▼
突然39度前後の高熱が1~3日続きます。
喉が痛み、口の中に水疱がたくさんできるのでよだれが多くなります。
水疱が出てから 2~3日経過すると破れて潰瘍(口内炎)になり痛みが増すようになります。

▼治療とホームケア▼
安静にしていれば自然に治りますが、高熱が続くため受診して解熱薬などを処方されることも。
小まめな水分補給を心がけましょう。
喉に痛みや水疱で食事がとりにくくなるため、水分が多くのどごしの良いものを少しずつ与えましょう。

【咽頭結膜熱(プール熱)】
▼病気と症状▼
アデノウイルスによる感染で、プール熱と呼ばれますが、残念ながらプール以外でも感染します。
突然39度前後の発熱があり、耳の前やあごの下のリンパ節の腫れ、のどの痛みがあります。
結膜炎に伴う結膜充血、目の痛み等が主な症状です。

▼治療とホームケア▼
症状を和らげる対処療法が中心となります。
熱が高いときは解熱薬の投与やクーリング、目の症状がひどいときは点眼薬を処方されることも。
水分を十分補給する様にしましょう。

感染症予防のポイント

本来なら感染しないのがベストですが、集団生活では気をつけても感染してしまうこと、ありますよね。
ただ、親・兄弟、家庭内感染で一家全滅・・・は何としても避けたいところ。
是非、徹底して頂きたい4つのポイントを挙げさせていただきます!!
■基本は「手洗い・うがい」
■タオルは共用しない
湿ったタオルはウィルスの温床に。面所やトイレではタオルを共用せず、ペーパータオルを設置しましょう。
■体を冷やし過ぎない
過度なエアコンや、冷たい食べ物も限度があります。免疫力を下げないよう適度な温度調節を。
■湿気をとる
これから梅雨の時期。高温多湿な環境を好むウィルスたちの格好の餌食です。室内の湿度環境だけでなく、布団はこまめに干して乾燥させましょう。

【特集│育休復帰準備】vol.6 家族内感染を防ぐポイントでも詳しく感染予防についてお伝えしておりますので、参照いただければと思います。
V™ƒV[ƒ“•Ê01-•a‹C—–hKŠµ2

©illust-ac

予防も徹底したけど、 ついに感染・・・。
そんなときにはノーベルの病児保育があります。

ノーベルでは、病児保育説明会を開催中!
世の中のおかんはどうやって子どもの病気を乗り切っているのか?ノウハウ術もお伝えします!

ぜひ一度説明会へご参加ください。
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

line_bnr

Posted at 2017.05.24 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2018
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター