ノーベル公式ブログ

【のぞき見!病児保育の舞台裏vol.4】お昼寝中に39.6℃!高熱時、親御さまとの連絡体制

Posted at 2017.04.13 |

  • LINEで送る

こんにちは!スタッフ奥野です。

【のぞき見!病児保育の舞台裏】と題して、
親御さまの不安ポイントを解消できるような、ノーベルの病児保育の裏側をご紹介!
広報スタッフ奥野が保育スタッフに1日密着取材。リアルな病児保育現場をお伝えします。

今回のテーマはお子さまが高熱時の親御さまとの連絡体制

ノーベルでお預かりをするとき、朝は微熱で元気があっても、急に高熱になったり、嘔吐したり、下痢したり、お子さまの様子が急変することがあります。

今回取材したSくんは午前中は38℃でも元気に遊んでいました。しかしお昼寝中に39.6℃まで上がり、寝たいけれどしんどくて辛い様子。
急に高熱になったとき、保育スタッフはどんな対応をするのか?解熱剤を使用?親御さまにはどうやってお伝えするのか?

お子さまが高熱など、様子に変化があったときの親御さまとの連絡体制についてご紹介します。

検温すると39.6℃!保育スタッフはどうする?

ノーベルでは高熱になっても、すぐに解熱剤は使用しません。
解熱剤は一時的に熱を下げるもので、病気を治す薬ではありません。持続時間は6~8時間といわれており、何度も連続して使うと、体の防御反応を低下させてしまうので、一度使用したら最低8時間は空けるようにして、1日3回までの使用にとどめましょうといわれています。ノーベルでは親御さまの意向を本部と共有してから解熱剤を使用しています。

解熱剤使用のタイミング

1)高熱であること
2)「元気がない」「不機嫌」など不快な状態である

sくんの場合、お昼寝中に熱がぐんと上がり、鼻も詰まってしんどそうだったので本部に状況を連絡。
本部も連絡を受けて、「手足は冷たくないか?」「しんどそうにしているか?」お子さまの様子を確認します。

お昼寝

そして、本部から親御さまに使用の確認をとってから解熱剤を使用します。
本部が親御さまに確認を取っている間も保育スタッフは少しでも楽になるようにクーリング。

効果的なクーリングについては下記の記事をご覧ください。
http://nponobel.jp/blog/20170228/

 

親御さまから解熱剤使用許可の連絡が来て、保育スタッフは座薬を入れます。使用直前には検温(それまでの排便や座薬の量について確認)します。
何か嫌な予感を察知し警戒するsくんを保育スタッフはをテレビで気をそらせながらサッと座薬を挿入!

しばらくすると解熱剤が効いて、機嫌も良くなり、シール遊びもできました♪
IMG_7496

解熱剤使用後は保育スタッフは30分~1時間後に検温して本部に様子を報告します。

このように、ノーベルは保育スタッフとお子さまと一対一の保育ですが、本部が常にバックアップしており、お子さまの様子に変化があった場合迅速に対応できるように体制を整えています。
親御さまも気になることがあれば本部に連絡していただくと、現場の保育スタッフにすぐに確認してお子さまの様子をお伝えします。

保育スタッフは定例研修でスキルアップを図っています

ノーベルの保育スタッフは座学研修・実務研修を経てから保育デビューをします。
座学研修では子どもの病気の基礎知識から、症状別の対応方法まで基礎から応用まで学び、実務研修で座学研修で学んだことをブラッシュアップさせていきます。

デビュー後も毎月定例のスタッフ会議を開催し、保育中に起こった様々な事例をスタッフ間で共有し、どのような対応が望まれるか、スタッフ同士で意見交換をしたり、ロールプレイングでトレーニングを重ね、スキルアップを図っています。

定例研修の様子/症状別で最善の対応を議論
P1040917

保育スタッフにも会える託児付き病児保育説明会を開催

ノーベルでは随時、託児付き病児保育説明会を開催しています!

現役の保育スタッフが託児にあたりますので、実際の保育をイメージできる貴重な機会です。
4月に入り、保育園入園、職場復帰、新学年。環境が変わる時期はお子さまの体調を崩しやすいですよね。

子どもの病気は突然やってきます。
説明会では子どもの病気乗り切り術もお伝えしていますので、慌てず対応できるようにご家族で一度ご参加ください!

託児付き病児保育説明会の申込はこちら
http://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

line_bnr

Posted at 2017.04.13 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2017
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター