時間外救急の往診サービス「ファストドクター」のご紹介

       

時間外救急の往診サービス「ファストドクター」 をご存じですか?

このたびノーベルは「ファストドクター」と提携いたしました。

夜間や休日に自宅まで提携医が来て診察してくれるという大変助かるサービスです。
働く親御さんの味方、「ファストドクター」について詳しくご紹介します。

 

 《CONTENTS》
 ◆「ファストドクター」とは?
   <往診可能な時間>
   <料金>
   <ご利用の流れ>
 ◆ノーベルご利用時のイメージ
 ◆ 対応エリア
 ◆ ご注意事項

 

◆「ファストドクター」とは?

「ファストドクター」とは、全国の医療機関で構成されている時間外救急の総合窓口(プラットフォーム)で、「深夜・休日でも医師が家まで来てくれる」という往診サービスです。

ファストドクター

<往診可能な時間>
 [月~土] 18:00~翌6:00
 [日・祝] 6:00~翌6:00(24時間対応)

「夜間や休日に発熱!でもかかりつけの小児科はもう閉まっているし、夜間救急病院は遠い・・・」
といった時でも、家まで医師が来てくれる、という画期的なサービスです。

<料金>
気になる料金はなんと、医療費・交通費の負担のみ。
健康保険・こども医療費助成の対象なので、例えばこども医療費負担が一日500円の自治体は、
500円+交通費のみの負担で利用できます。

<ご利用の流れ>
診察依頼は、ファストドクターの専用アプリからできるのでカンタンです。

①アプリを起動し診察依頼
   ▼
②医師がご自宅へ訪問
   ▼
③ご自宅で診察・検査
   ▼
➃その場でお薬お渡し

▼往診の流れについて詳しくはこちら
ファストドクター「往診の流れ」

 

◆ノーベルご利用時のイメージ

ノーベルでは現在、保育スタッフによる受診代行を一部制限させていただいており、初回の診察はお受けできないのですが、

「夜中、子どもが急に発熱!でも明日はどうしても朝から出社しなければ…、朝からノーベルさんに来てほしい…!」

といった時も、「ファストドクター」を利用すれば、

夜、子どもが発熱!
    ▼
ファストドクターに診察依頼
    ▼
夜間でも医師が自宅まで来てくれて、診察とお薬を出してくれる
    ▼
診察済みだから、明日朝イチからノーベルに予約OK!
    ▼
朝から保育スタッフがお伺いして病児保育スタート

と、とてもスムーズにご利用いただくことが可能になります。

往診のイメージ

この他にも、

  • ・夜間救急病院が遠方で、タクシーを利用しなければならない
  • ・パパがまだ帰宅していないのに下の子が熟睡している(起こして一緒に連れて行くのは大変・・!)
  • ・すごくしんどそうなので待合室で長く待たせるのはかわいそう…二次感染も心配…

といったケースでも、とても助かるサービスですね。
まさに、働く親御さんの頼れる味方!

また、「ファストドクター」では、「PCR検査も対応可能(※)」なので、
お子さんのコロナ陽性が疑われる場合でも安心です。

※発熱・陽性患者との濃厚接触などの状態で、医師が必要と判断した場合。最短翌日に検査結果をご連絡

 

◆対応エリア

対応エリアは以下の通りとなっており、ノーベルの提供エリアをカバーしています。

<大阪府>
【全域対応】
大阪市/門真市/交野市/四條畷市/吹田市/摂津市/大東市/豊中市/寝屋川市/東大阪市/枚方市/守口市

【一部対応】
池田市/茨木市/堺市/島本町/高槻市/松原市/箕面市/八尾市

<兵庫県>
【全域対応】
神戸市:須磨区/垂水区/中央区/長田区/灘区/東灘区/兵庫区
芦屋市/尼崎市/伊丹市/西宮市

【一部対応】
神戸市:北区/西区
明石市/川西市/宝塚市

▼郵便番号でチェックできるので一度調べてみてくださいね。
ファストドクター「対応エリア」

 

◆ご注意事項

ご利用時のご注意ですが、

  • ・重症度でトリアージ(往診判定)されるため、必ず来てくれるとは限らない
    ・到着までの待ち時間がどのくらいになるかは、その時にならなければわからない

ということは念頭においておきましょう。

いかがでしたか?
利用が必要になりそうな方は、ぜひ一度チェックしてみてください。
「ファストドクター」

 

▼どうしても休めない!そんなときの「おうち訪問型の病児保育」

LINE@