伝え続けなければいけないこと。

       

先日、フローレンスの10周年記念パーティーに参加しました。

フローレンスという団体は私が2008年度の1年間、
病児保育のノウハウを学ぶために修業した団体です。

パーティーの中で、
フローレンス初期の会員さんがお祝いのコトバを述べていたのですが
ノーベルと重ねてみてしまい、うるうる。。。

私は
ノーベルに初めて問い合わせをしてくれた人
ノーベルの説明会に初めて参加してくれた人、
ノーベルの会員第一号になった人、

今でもその人たちのことを覚えていますし、絵として光景として残っています。

今でこそ、
病児保育といえば、ノーベルという名前が出るようになってきましたが
当時は何の信頼もない、お金もない、ヒトもいないところからのスタート。

そんな時にノーベルを信頼してくれ、
可能性を感じてくださり、お金を払ってくれるということがどれだけ嬉しかったか。

チラシを配るよとか、取材協力をしてくれたり、
相談にも乗っていただいたり、励ましのコトバをいただいたり
責任も感じましたし、本当に本当に会員さんの存在が支えになっていました。

感謝しても感謝しきれない。
その時があるからこそ、今のノーベルがあるんだと
私はずっとスタッフに伝えていかなければいけないと思いました。

今、ノーベルはまさに第二フェーズに移行している途中です。
いろんな試行錯誤をして、組織が変わろうとしています。

初期のメンバーよりも後で入った人たちの人数の方が多くなってきます。
来年度にはスタッフ数は70名くらいに。

だから、
代表である私が大切なことは何かを伝え続けなければいけないと
思っています。

今回の10周年記念パーティーに参加して思ったことを記しておこうと。

NPO法人フローレンスのみなさま、10周年、おめでとうございます。
いつもたくさんの学びをありがとうございます。