【コロナ禍の育休復帰準備特集Vol.3】コロナ禍でも大丈夫!自信を持って仕事に復帰しよう!

       

こんにちは!ノーベル事務局です。

コロナ禍での入園や復帰は誰もが不安でいっぱい!
そこで、ノーベルでは、コロナ禍での育休復帰に関する情報を連載中。
みなさんで一緒によりよい4月を迎えましょう!

さて、保育園も決まり、着々と復帰の準備を進める一方で、「こんな時期に保育園に預けるなんて、本当は不安…」「家族や周りの目が気になる…」なんてことはありませんか?

 

 《CONTENTS》
 ◆昨年秋に復帰した先輩たちの声
 ◆なんとなく不安… それでも、4月はやってきます
 ◆保育園の感染予防対策を確認しておこう
 ◆コロナ禍でも安心できるノーベルの4つのサービス
 ◆選べる2つの説明会のお申込みはこちらから!

 

◆昨年秋に復帰した先輩たちの声

昨年の緊急事態宣言解除後に職場復帰した方々の声であったのが、コロナ禍で保育園に子どもを預けることに対する周囲からの視線です。

「よりによってこんな時期に仕事復帰しなくても…」
「こんなときに保育園に預けるなんて、保育園でコロナに感染したらどうするの?」
と言われ、心ない母親だと言われているようなちょっとつらい経験。

リモートワークができないから預ける以外の選択肢が無く、登園自粛にも協力できなかったり、感染すると重症化するリスクの高い高齢のじぃじ・ばぁばに預けにくいし、しかもそのじぃじ・ばぁばから、今復帰することに対して批判的なことを言われたり・・・

やっとの思いで保育園も決まり、もうすぐ育休復帰なのに、
精神的に追い込まれたり、ブルーな気持ちになってしまいますよね。

 

◆なんとなく不安… それでも、4月はやってきます  

先日、入園結果通知が届き、やっとの思いで保育園入園が決まったときに、

 「この時期、保育園に預けるのって大丈夫なの?」

という親の言葉。
もちろん不安がないわけではないのに、実の親でもストレスに感じてしまうなんてこともありますよね。

コロナ禍だからといって、
この機会を逃したら、次いつ保育園に入れるかわからないし、
これを逃して、またふりだしに戻るなんて悲しい。
いつになるかわからないコロナ終息まで仕事復帰を待てません。

いろいろと不安はありますが、それでも4月は近づいてきます。

こんな大変な時期でも働く親御さんをサポートしたい!」

ノーベルは、こんな時期でも働く親御さんをサポートするために、昨年の緊急事態宣言中も変わらずお預かりを続けてきました。
そして、親御さんのリアルなお困りごとに寄り添うために実施した、昨年の緊急事態宣言中の会員さま向けアンケートでも、

・半数の方が勤務状況(勤務日数や勤務時間)の変化がない
・6割以上が勤務先に出勤または出勤とリモートワークの併用

これだけの方が、コロナ禍でも変わらず働き続けています。
だから、あまり思いつめずに堂々と職場復帰していいんです。

そしてお仕事のない日は、お出かけはなかなかできなくても、自宅でゆっくりお子さんとの時間を過ごしてあげてください。(これはコロナ禍でなくても、きっと一緒ですね)

「こんな時でも保育園に入園する!そして職場復帰する!」
そんな自分の選択に自信を持っていいはず。
日々がんばる親御さんの姿を、きっとお子さんはしっかり見てくれているはずです♪

 

◆保育園の感染予防対策を確認しておこう

そうはいっても、保育園の感染予防対策は気になります。

マスクができない小さいお子さんのために、大人がウイルスを持ち込まないよう、さまざまな工夫をしています。
送迎時のマスクの着用や玄関での手指の消毒を徹底することはもちろん、送迎の人数制限をして密を避けたり、親御さんを保育室に入れないというところもあるようです。
保育中も、食事の前後に机や食器の消毒はもちろん、おもちゃの消毒もこまめに行っていたり。

一度、通う予定の保育園に問い合わせてみるのもいいですね!
疑問に思ったことを事前に確認しておけば安心につながります。

 

◆コロナ禍でも安心できるノーベルの4つのサービス

新型コロナ感染予防対策はしっかりしていても、お子さんは保育園でそれ以外の病気をたくさんもらってきます。
風邪や鼻水、咳、その他子どもがかかりやすい感染症はどうしても避けられません。(例年に比べると、インフルエンザの流行などは抑えられているようです。)
マスクや手指の消毒は効果的なようですが、防ぎきれないものもあるんですね。

お子さんが風邪をひいたら、保育園では預かってもらえません。
なので、病気の時の預け先は入園前から決めておきましょう。

ノーベルは、コロナ禍だからこそ、病気のときだけでなくいろいろな働き方やちょっとしたお困りごとに合わせて4つのサービスで親御さんをサポートします。

【case.1 病児保育】
お子さんの急な病気。発熱はもちろんですが、鼻水、咳といった風邪症状でも保育園で預かってもらえない場合もあります。そんな日でも大切な会議があり休めない…、在宅ワークでも同時進行でお子さんを看病はちょっとむずかしい…
そんな時は、ノーベルの「病児保育」をご利用ください!

病児保育ホームページはこちら>>

【case.2 げんきっ子保育】
保育園で新型コロナ陽性者が!保育園は臨時休園になったけど、私は出社しないと…
そんな時は、げんきなお子さんをご自宅で1対1の保育が受けられる「げんきっ子保育」をご利用ください!(保健所に指示に従い、濃厚接触者でない場合はお預かりできます。)

げんきっ子保育の詳細はこちら>>

【case.3 一時保育室「ノーベルさんのおうち」】
親御さんの歯医者などの通院やリフレッシュのために、保育園にお迎えに行って短時間だけ預かってほしい!
そんな時は、一時保育室「ノーベルさんのおうち」をご利用ください!
平日は夜8時まで、土曜日もお預かりします。

一時保育室「ノーベルさんのおうち」詳しくはこちら>>

【case.4 おためし保育】
コロナ禍でまだ人に預けたことがないから、いきなり保育園入園はやっぱり不安。
そんな方は、正式入会前でも利用できる「おためし保育」をおすすめします。げんきな子をお預かり、短時間でもOKです。
2021年3月31日までの限定サービス。お預かり枠に限りがありますので、お早めにお問い合せください。
おためし保育の詳細はこちら>>

ノーベルはさまざまなケースに柔軟に対応しますので、「こんな時も預かってもらえる?」といったご相談でも、いつでもお電話くださいね。

 

◆選べる2つの説明会のお申込みはこちらから!

まずは、説明会にご参加ください。説明会では、運営団体のご紹介・実際の保育の様子・料金など詳しい情報をお伝えします。「話を聞いてから考えたい」「入会するかまだ決まっていない」そんな場合でも、もちろんOKですのでお気軽にどうぞ!

①スタッフから直接話を聞ける!合同説明会に参加する
②24時間いつでもOK!スマホやPCで資料を見る

▼お申込みはこちら
https://byojihoiku.nponobel.jp/entry/

 

▼朝8時までの予約で100%対応!ノーベルの病児・病後児専門シッター
子どもの鼻水ケア おうち訪問型の病児保育説明会参加
LINE@