• ファンドレイザー北村のブログ > 
  • 厚労省のマンガを見て伝えたい、格差のリアル

ファンドレイザー北村のブログ

厚労省のマンガを見て伝えたい、格差のリアル

Posted at 2015.01.15 |

  • LINEで送る

こんにちは、ファンドレイザーの北村です。
私たちは、寄付を集めて低価格でひとり親世帯に病児保育を提供する
ひとりおかんっ子応援団プロジェクトを行っています。

昨日ヤフーで取り上げられ、
厚労省に掲載された年金に関するマンガへの批判が集まっています。

ScreenClip

これを読んで、皆さんはどう思われましたか?

ひとり親支援を行う立場として、マンガに関連して、
ひとり親の生活に焦点をあてつつ、世代間格差の実態をお伝えします。

■事例
大阪市内に住む40歳のAさんは、離婚し、
未成年の子どもを支えて、非正規雇用で働いて生活しています。
(養育費はもらえず)

時給900円、1日8時間、週20日働いても、月給14.4万円、
以下の公的支援を上乗せしても、月収17.8万円、年収は217万円程度です。
(公的支援1:児童扶養手当、月約3.4万円、ひとり親世帯に支給)
(公的支援2:児童手当、来年度試算で月0.3万円、子育て世帯に支給)

そこから、社会保険(国保・国民年金が多数と想定)を負担すると、
大阪市国保の場合、なんと、年間で約19万円になります。

国保と国民年金はセットなので、
国民年金の保険料として、年間で約9.1万円(半額免除適用)さらに負担がかかります。

また、現在の年金は、勤労現役世帯が高齢者世帯の財源を支える賦課方式なので、
社会保険は高齢者を支える分に充てられます(国保もほぼ同様)。

というわけで、Aさんは年収217万円から、
高齢者を支えるために28.1万円(年収の約1.5割)も負担しています

 

スクリーンショット 2015-01-19 19.53.59

住宅費が年84万円とすると、年間たった91万円(月7.6万円)で
生きていかなければいけません。

これで生活が成り立つでしょうか?
保育料、光熱費、食費、携帯代、おむつ代等を払って、
子どもを養っていけるでしょうか?

上記のような実情があって、
ひとり親世帯の貧困率は、母子の場合、6割を超えています

賦課方式は、少子高齢化だと現役世代への負担が大きくなる事が特徴で、
このような事態は、以前から予測ができました。

そのため、現役世帯の負担を減らす積立方式に、
転換すべきだという声は上がっていましたが、
絶対数の多い高齢者が政治上有利な日本において、
積立方式が導入される事なく、今日に至っています。

一方で、1,400兆円とも言われる日本の金融資産の
6割超が60歳以上の高齢者に偏っているという事実があります。
日本が最も景気が良い時期に働き、引退後は現在の若い人たちに支えられて
生活できるから、当然そうなります。

ScreenClip [1]

以上が、世代間格差の実態です。
もちろん、ひとり親だけに限らず、
共働き世帯にも共通して格差は存在しています。

格差があるからこそ、
私たちは社会全体で支える必要があると思っています。
また、批判だけに留まらずに、格差を解消する具体的な仕組みを考え、実践しています。

その具体的な仕組みについては、また別途まとめますが、
まずは、実態を知ってもらえたらと思い、ブログを綴りました。
ご参考ください。

================================
▼たった4クリックで、100円から寄付可能。ご協力ください。
・ソフトバンクの方(携帯料金代金上乗せ、簡単決済!)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=098

▼1日35円からできる支援。ひとりおかんっ子応援団になりませんか?
詳しくはこちら。
http://nponobel.jp/contribution/ouendan/

▼送料無料、自宅で簡単に処分できる。
ご家庭で不要になったあなたの本が役立てられるチャリボンはこちら。
http://nponobel.jp/contribution/book/

================================

Posted at 2015.01.15 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2017
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター