ノーベル公式ブログ

「RSウイルス」にご注意!&咳で眠れない時の対処法

Posted at 2019.08.29 |

  • LINEで送る

こんにちは!スタッフ村国です。

早いもので8月ももうすぐ終わりですね・・・!
そして、これから注意してほしい病気が「RSウイルス感染症」なんです。

ノーベルでのお預かり記録でもよく目にする病名で、特にここのところ急に増えたな、という印象です。

「RSウイルス」といえば、以前は秋~冬の感染症というイメージでしたが、数年前から流行する時期が徐々に早くなり、2016年以降は、夏から増加し、秋にピークを迎えるパターンになってきています。

「大阪府感染症情報センター」の昨年のデータを見てみても、8月終わりから9月にかけて感染数がピークに。

というわけで、今日は「RSウイルス感染症」について、ご紹介したいと思います!
また、RSウイルスの症状で代表的なものが「咳」なのですが、
咳が続いて眠れない!という時のための対処法も、お伝えしていきますね。

 

RSウイルスの症状とは?

【RSウィルス感染症とは?】
RS(Respiratory Syncytial)ウイルスによる急性呼吸器感染症です。

【潜伏期間と好発年齢】
潜伏期は4~6日程度、乳児の半数以上が1歳までに、ほぼ全員が2歳までに感染します。
その後も一生の間に何度も感染を繰り返すと言われており、高齢者の気管支炎や肺炎の原因にもなることがあります。

【症状】
鼻水、咳から始まり、その後38~39度の熱が出て風邪のような症状があります。
軽い鼻かぜ程度ですむ場合から、咳がひどくなると気管支炎や肺炎になってしまうことも。
特に乳幼児ほど重症化しやすく、年齢が上がるほど症状は軽くになる傾向があります。
また、乳児の場合は、母乳やミルクを与えてもむせて飲めなかったり、呼吸が速く、浅くなることがあります。
時には呼吸困難になり、入院が必要となることも。

【感染経路】
飛沫感染接触感染となります。
気道分泌物(鼻水や痰、だ液など)から咳やくしゃみで生じた飛沫を吸い込んだり、

気道分泌物が付着したおもちゃを舐めることなどによって、ウイルスが目・のど・鼻の粘膜に付着して感染します。

【予防方法】
飛沫・接触感染なので、基本は「手洗い・うがいの徹底」となります。
舐めまわしたおもちゃや身の回りの消毒も有効です。消毒用エタノールなどでこまめに消毒しましょう。

<参考>国立感染症研究所感染症情報センター
http://www.nih.go.jp/niid/ja/rs-virus-m/rs-virus-idwrc.html

 

咳で眠れないときの対処法について

RSウィルスに感染すると、咳が続く事に悩まされますよね・・・。
そこで、普段ノーベルの保育スタッフが実践している、咳が出ているお子さまへの対処法をご紹介させていただきます!

RSウイルス以外にも、咳が止まらなくて困る病気は多くありますので、お子さまが咳が出て辛そうな時はぜひ試してみてくださいね。

■どうして眠っているときに咳が出やすいのか?

日中よりも、夜中、眠っている時に咳が止まらなくて眠れない、ということはよく起こりますよね。
ノーベルのお預かり中でも、特に咳が出やすく辛そうに感じるのは、お昼寝、午睡の時間です。
そもそも、どうして眠っている時に咳が出やすくなるのか?
それは、眠くなると、自律神経が交感神経から副交感神経に切り替わりリラックスモードへ移りますが、
その時、気管支・鼻腔・喉の粘膜などの気道の粘膜の緊張が緩み、すぼまって狭くなってしまうからなのです。

さらに、喉が腫れていると咳が出やすく、鼻水・鼻づまり症状がある場合は、喉に鼻水が落ちて咳が出やすくなってしまいます。

 

■お部屋の湿度と、こまめな水分補給が大事

咳が出ているときは、こまめな水分補給や、お部屋の湿度がとても重要です。
ノーベルスタッフも、加湿器や濡れタオルをお部屋に干して湿度を保ったり、水分をこまめに摂れるよう、時間をみながらお子さまに水分を勧めていますよ。

 

■咳が出にくい、眠るときの体勢4つ

今回は、水分補給や湿度の他に、咳で眠れない時の対処法として、眠る時の体勢についてご紹介させていただきます。
下記の4つが、咳が出るときに楽になる体勢ですので、お試しくださいね!

==========================

① 頭の下に枕や、座布団などを挟んで状態を高くしてあげる


まずは頭を高く、胸元が傾斜するように上体を起こして寝かせてあげて下さい。
呼吸も楽になりますし、痰や喉に落ちてきた鼻水が飲み込みやすくなり、喉にからみにくくなるので咳や鼻づまりも楽になります。
注意が必要なのは、枕などで首から頭だけを高く上げるのではなく、写真のように、上体全体を起こして下さいね!

 

② 上体を起こして座らせてあげる

①の「上体を起こす」を試してみても止まらない、という場合は、完全にいったん体を起こしてしまいます。お尻を床につけて座らせます。(角度は90度位に)

③ 抱っこで肩に乗せてあげる


抱っこできるくらいのお子さまであれば、お子と向かい合わせになって片方の肩に乗せて、上体を丸まるようにように抱っこしてあげましょう。
(赤ちゃんがミルクを飲んだ後にゲップする体勢です)

④ 布団等を丸めてその上に覆いかぶさる体制をとる

長時間の抱っこが出来ない場合は、丸めた布団や重ねた布団、バスタオル等に覆いかぶさるようにして、背中を丸めるような体勢をとらせてあげましょう。
(③の体勢を、布団で代用して作ってあげるイメージです)

※小さなお子様は窒息などの危険性があるので、顔を横にして、必ず大人がそばで呼吸を確認できる場合にのみ、行ってください。

==========================

いかがでしたでしょうか?
体勢を変えてみるだけで、呼吸はずいぶん楽になりますよ。
年齢・体格に応じて楽な体勢はかわってくるので、ぜひいろいろと試してみてあげて下さいね☆

 

ところで、現在、お仕事されている、もしくは4月から育休復帰予定で、このブログに辿り着いた方。

「今も咳が出ていてしんどうそうな子どもをゆっくり休ませたいけど、明日は仕事を休めない…」
「復帰後すぐに子どもがこんなふうに病気したら、休むのが気まずい…」

といったご不安を抱えていませんか?

そんなあなたに、ノーベルのご利用をぜひおすすめしたいです。
ご自宅で保育するノーベルの訪問型病児保育なら、夜中に咳が続いて眠れないお子さんは、日中ゆっくりと自宅で休ませてあげられて、親御さんは安心してお仕事に行けますよ。

まずは無料の説明会にお越し下さいね。

▼どうしても休めない!そんなときの「おうち訪問型の病児保育」
子どもの咳が止まらなくても大丈夫、おうち訪問型の病児保育詳しく見るおうち訪問型の病児保育説明会参加

Posted at 2019.08.29 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2018
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター