ノーベル公式ブログ

解熱剤使用のタイミングは!? ~保育スタッフ全体会議より~

Posted at 2017.02.28 |

  • LINEで送る

こんにちは、スタッフ奥野です。

毎月、定例で行っている保育スタッフ全体会議。
2つのグループにわかれ、スタッフ同士の意見交換、共有をして、日々の病児保育に活かします。

P1040900

▲毎月恒例、自己紹介の様子。各々の近況報告に話がはずみます(笑)

今回のテーマは「ノーベル病児保育Quiz」

クイズの内容は、
当たり前すぎてうっかり忘れてしまっていることもある、保育マニュアルの問題。
そして、ケース別の病児のケアの問題。

上記の二つのテーマにのクイズ(という名のテスト)を行いました。

P1040904

P1040915

▲クイズ問題解説の様子

病児のケアについての問題の1つに上がったのが「解熱剤の使用」

▼実際の問題がこちら
—————————————————————————————
「38.5度以上の熱」が一般的な解熱剤使用の目安となっていますが、熱の状況だけで使用すべきではありません。
なぜむやみに使用しない方がいいのか。
また、どのような状況であれば解熱剤を使用した方がよいのか。
————————————————————————————–

グループに分かれての話し合い。
みなさん、自身の保育の経験や知識から意見を出し合いながら、最善策を考えます。
「このケースの場合は?」「こんな時はどうする?」どんなケースでも対応できるように想定して話し合いが進みます。

P1040917

解熱剤について

解熱剤はきついお薬です。発熱は体の自然な反応(病気と闘っている証拠)のため、解熱剤を使って熱を下げてしまうことはお子さまの身体にとって負担となることがあります。
38.5度以上の熱でも、お子さまの機嫌がよく、飲食ができるようであれば、解熱剤を使わず様子を見ます。

ただし、お子さまが苦しそうにしている時、食べたり、飲んだりすることができないとき、機嫌が悪く、ぐずりがひどいとき眠れないようなときは解熱剤を使用した方がいいです。
※ノーベルでは、解熱剤使用の際は親御さまと相談し、本部と連絡をとって使用します。

《解熱剤使用のおすすめのタイミング》
・食事の1時間前ぐらい(食事をとって体力を回復)
・寝る前(十分な睡眠をとって体力をつける)

他にも、嘔吐後の対処についてなどを話し合いました。
また今後も、病児のケアについてご紹介していきますね♪

 

▼充実した研修制度!ノーベルの病児保育スタッフとは?
http://nponobel.jp/recruit/hoikustaff/

▼ノーベルの病児保育ってどんなもの?
http://byojihoiku.nponobel.jp/?_ga=1.69224784.130100044.1479946772

Posted at 2017.02.28 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2017
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター