ノーベル公式ブログ

【連載「僕がノーベルで学んだことは、」】気をひく文章に悩む編|学生インターン募集中

Posted at 2019.01.23 |

  • LINEで送る

こんにちは!ノーベル学生インターン 中川です。

ノーベルでは現在学生の長期インターンを募集しています!

ノーベルで長期インターンをして学べることを連載で紹介しています!

名称未設定-42-03

バナー

今回のブログは「気をひく文章に悩む編」です。

入職後、3か月がたち、初めてのミッション[チラシ配り編]が終盤に差し掛かってきたころ、
僕に次のミッションが与えられました。
それは、「ノーベルの病児保育の認知度を拡大せよ!」

詳しく言うと
ノーベルの訪問型病児保育を必要としているけど、まだ最後の申し込みに結びついていない人に対して、
メルマガなどの手段でアプローチを行い、申し込みに結びつけます。

これらを行うために、必要なことは
メルマガやFacebook,Twitter,LINE@などで「気をひく」文章を配信することです。

新しいミッションに意気揚々と、僕は文章を作るためにパソコンに向かいます。

 

 

 

・・・えーと、・・書けない。

まず何から書き出せばいいのかすらわからない。

冒頭のあいさつ文さえ書けない。
やるべきことはわかっているけど、文章が進まない。

何とか試行錯誤をして文章を作成、ドキドキしながら上長に確認をとる。

_P1060755

しかし、確認をした上長から
「なに書いてるの?」
「意味がわからんわぁ」
「伝えたいことはなに?」
と、全力のダメ出しが。

一生懸命考えて書いた文章ではあったので、
ここまでダメ出しを食らうとは、がっくし。。

そこで、改善するためのポイントとして伝えられたのは2点。

➀文章を書くときに目的意識が不足している
➁文章を読んだ人が読んだ後こんな行動をしてほしいというイメージをもつこと

そのアドバイスを聞いて、目の前にあった曇りが一気に晴れたというか。
今までに考えたことのない「視点」にハッと気づきました。

その後デスクにもどり、一から考え直す。
すると最初とは違いどんどん文章が書ける!!!

そして、再び上長に確認をしてもらうと、
「いいんじゃない!」とOKが。

ようやく与えられたミッションの意味がわかり、
文章を作成し、第一関門突破!

そして、実際に1000~1500人ぐらいの方に一斉にメルマガを配信。
システム上から配信状況などが確認できるのですが、

配信の数分後から、「記事を閲覧してくれた人の人数」「そこからお問い合わせをしてくれた人の数」などが
数値として表示されます。

自分の文章がこんなに多くの人に読まれていることにも驚きましたし、
これだけ多くの人が見ているのであれば、
自分の作る文章や配信時間など1つ1つの行動が非常に重要なミッションだということが理解出来ました。

それを見て蓄積することで、さらに「この伝え方、このレイアウトの方が効果的だった!」
とわかり、また次回の発信時に生かすことができます。

 

▼このミッションから学んだことと得られたこと

▶︎学んだこと:目的をしっかりと理解する。
文章を書くときにこの文章はどんな意味があるのかということを考えないと、文章が伝わりにくいものとなってしまいます。

▶︎得られたこと:相手のことを想像して、文章を作成できるスキル。
相手がこの文章を読んで、どう行動してほしいかというのを考えることで、日常のコミュニケーションも円滑なものになります。

チラシ配り編に引き続き、「気をひく文章に悩む編」をお伝えしました。

他にもノーベルでの活動や、学べることはたくさんあります!
ご興味のある方はお問い合わせください!!

 

▼学生インターン|活動内容について

現在、ノーベル在籍中の学生インターンが綴る、リアルなインターン生活!
ミッションごとの悪戦苦闘の様子や、得られたこと・学んだことなどブログにアップしています!
詳しくは下記よりご確認ください。

【募集要項】学生インターンを募集します!!▶︎募集要項など詳細について
【連載「僕がノーベルで学んだことは、」】初めてのミッション編|学生インターン募集中▶︎ミッション「チラシ配り」について
【連載「僕がノーベルで学んだことは、」】気をひく文章に悩む編|学生インターン募集中▶︎ミッション「メルマガ配信」について

バナー

Posted at 2019.01.23 |

  • LINEで送る

<< 一覧に戻る

時期別アーカイブ

  • 友だち追加
  • 大阪マラソン2018
  • ノーベル公式ブログ
  • 代表高亜希のブログ
  • ファンドレイザー北村のブログ
  • ひとりおかんっ子応援団プロジェクト
  • 本で寄付するチャリボン
  • 「働く!!おかん図鑑」
  • ノーベル公式Facebookページ
  • ノーベル公式ツイッター